鎌倉大草紙42

− 長尾景春の乱・その1 −



 その後、成氏は五十子へ御勢を向けられ、合戦のやむことがなく、文明五年(1473)十一月二十四日、扇谷上杉の大将、修理大夫政真も討死した。行年二十四才。

 この人にはまだ子がいなかったため、一家の老臣どもが相談して、故持朝の三男定政を修理大夫に任じて扇谷の家督を継がせた。

 扇谷の家務(執事)は、太田左衛門入道道灌である。

 山内の家務は、長尾左衛門入道(景信)が死去したため、顕定が長尾尾張守忠景にお申し付けになった。

 さてここに、長尾四郎左衛門尉景春は長尾一家の大名で、かなりの勢力を持つ者であった。ことに、老父の玉泉庵(景信)の忠功は、他に抜きん出ていた。景春は、自分こそが家務職をうけたまわるべきと思っていたのに忠景に越されてしまい、もともと腹の悪い男だったのでたちまち逆心に及んだ。

 顕定を亡きものにする企てをひそかに思い立ち、縁者であった太田道灌に相談した。

 道灌はこれを聞いて、これは一大事と思い、顕定の元に参上して、

「景春はもともと不器用で御家務職はつとまりそうにありませんが、父の玉泉の忠功を考えれば、武蔵の守護代を仰せ付けられ、まずは忠景と相談して忠景をしばらく辺地へ退かせ、彼の心を静めて御陣中に大事が起こらないよう御はかりごとをめぐらすべきです。彼の家来や被官の中に、人に狼藉を働く者が日をおって増えていますから、このままでは近いうちに難儀なことになりましょう。」と、申し上げた。

 しかし、山内を初め、評定人どもは、いずれも同意しなかった。

「それならば、御旗を向けられて、景春を誅されるべきでしょう。」と申し上げたが、それも受け入れられなかった。





前へ
次へ

「鎌倉大草紙の後半」インデックス