鎌倉大草紙43

− 長尾景春の乱・その2 −



 その年、駿河国に騒乱があった。今川殿は扇谷の縁者であり、そのうえ、伊豆の御所からも軍勢催促があったので、同年六月、左衛門大夫(太田道灌)が足柄山を越えて駿河へ発向し、同十月に帰宅した。

 その間に長尾景春はたちまち逆心を思い立ち、武州鉢形の城へ移って武州・相州の一味同心の兵を催し、五十子の陣へ押し寄せて両上杉を襲った。

 文明九年(1477)正月十九日の夜、顕定、憲房、宣政の三人は、「小勢ではとてもかないそうにない。上野国へ越えて、そこで大軍を催して景春を退治しよう」と、太田道真を殿(しんがり)として利根川を渡り、那波の庄へ退いた。

 景春の味方としては、武州豊島郡の住人豊島勘解由左衛門尉(泰経)と同弟平衛門尉(泰明)が石神井の城と練馬の城を拠点として江戸・河越の通路をさえぎった。相州では、景春の被官人が溝呂木の城に立て籠もった。また、頭越後五郎四郎は小磯という山城に籠もり、金子掃部助は小沢という城に立て籠もった。

石神井城址の碑
 (練馬区石神井台1丁目)

石神井城の土塁跡

 太田左衛門入道を大将として扇谷から軍勢を遣わし、同三月十八日、溝呂木の城を攻め落とした。

 同日、小磯の要害を攻めた。一日中防戦したが、夜に入ってから越後の五郎四郎はかなわずに城を渡して降参した。

 その後、小沢の城へ押し寄せて攻めたが、難所にある城で、簡単には落とせなかった。

 河越の城には太田図書助資忠、上田上野介、松山衆を籠もらせ、江戸の城には上杉刑部少輔朝昌、三浦介義同、千葉次郎自胤らを籠もらせた。

 景春一味の宝相寺、ならびに、吉里宮内左衛門尉以下が小沢の城の後詰めのために横山から討って出て、当国府中に陣を取り、小山田の城を攻め落としたあと、河越の城の押さえのために、矢野兵庫助を大将として若井(若林?)というところに陣を取った。

 これを見て、河越に籠もっていた太田、上田らが、同四月十日に討って出たので、矢野兵庫助のほか、小杉城の衆が勝原というところに馳せ出て合戦に及んだ。敵は矢野を初めとして、皆ことごとく敗れ、深手を負って退いた。

 


前へ
次へ

「鎌倉大草紙の後半」インデックス