鎌倉大草紙44

− 長尾景春の乱・その3 −



 同月十三日、道灌が江戸から討って出て、豊島平右衛門尉(泰明)の平塚の城を取り囲み、城外に放火した。その帰途に、豊島が兄の勘解由左衛門(泰経)に頼んだので、石神井と練馬の両城から軍勢が出て攻めかけた。そこで、太田道灌、上杉刑部少輔、千葉自胤以下が江古田原沼袋というところに馳せ向かって合戦し、敵は豊島平衛門尉を初めとして、板橋、赤塚以下百五十人が討死した。

 同十四日、石神井の城に押し寄せて攻めかけたところ、敵は降参して、同十八日に城を出て対面し、要害を破却すると言ってきた。ところが、また敵対する様子をみせたので、同十八日に攻め落とした。

 写真は、石神井城址北側の三宝寺池。
 豊島泰経が白馬に黄金の鞍を置いてまたがり、この池に飛び込んで死んだといい、また、娘の照姫も、父のあとを追ってこの池に入水したという伝説があります。

 同日、金子掃部助が籠もっていた小沢の城も攻め落とした。

 長尾景春は、上州勢を引率して五十子梅津というところに陣を取った。

 太田道灌はあちこちの合戦に勝利して、両上杉を迎えるために上州那波の庄に来て、同五月十三日、利根川を越えて五十子に帰陣した。

 これを見て長尾景春が退くところを、両上杉、長尾忠景、太田道灌、板倉美濃守、大森信濃守以下が用土原に押しかけて合戦し、ことごとく勝利した。景春勢は残り少なく討ちなされて、鉢形の城に引き退いた。

 鉢形の城を攻め落とすために、両上杉は富田、四方田、甘粕原に陣を取った。

 同七月の初め、古河の成氏公が景春の後詰めのために数千騎を引率し、結城、両那須、佐々木、横瀬を御供として瀧というところへ出陣したため、両上杉はかなわず、上州の白井へ退いて陣を取った。

 十月、長尾景春、同六郎為景は公方からの加勢を得て、荒巻というところに陣を取った。守りに適した場所で待ち受けていたが、敵勢が攻めかけずに退いたので、そのまま帰陣した。

 その後、明くる正月元旦、寺尾上野介を使者として、簗田中務から長尾左衛門尉の元に、「上杉と和談したい」と言って来たため、和談がととのい、合戦をやめて陣払いした。


前へ
次へ

「鎌倉大草紙の後半」インデックス