鎌倉大草紙45

− 長尾景春の乱・その4 −



 扇谷の定政は、同正月二十四日に道灌を伴って河越に帰陣した。

 同二十五日、豊島勘解由左衛門(泰経)の平塚の要害に押し寄せて攻めたところ、敵は明け方に城を落ちて、今度は丸子城と小机城に立て籠もった。

 上杉定政は河越に籠もった。

 長尾景春は吉里宮内左衛門以下を伴い、小机の城を後詰めするために大石駿河守の二宮の城に着陣した。

 同三月十日、河越の城から二宮に押し寄せたところ、景春は敗れ、成氏の御陣所の成田に参上して、千葉新助孝胤とともに羽生峰に陣を取った。

 同十九日、太田図書助資忠は小机の陣から引き返し、同二十日、羽生に馳せ向かった。定政も軍勢を出した。

 孝胤・景春は一戦にも及ばず退いた。大石駿河守の立て籠もる二宮の城も降参した。相州磯辺の城も小沢の城も自落した。

 敵の残党は、奥三保というところに立て籠もった。

 太田道灌は村山に陣を取り、舎弟の太田図書助と同六郎を大将として奥三保に馳せ向かった。

 写真は、JR山手線日暮里駅東口の「太田道灌騎馬像」。

 敵の本間近江守と海老名左衛門は、甲斐国鶴瀬の住人の加藤など、国境の兵どもを催して、同十四日、逆に攻め寄せて来た。太田図書助資忠が先手として進んで防戦し、海老名左衛門を初めとして多数の敵を討ち取った。道灌も村山の陣から押し寄せたので、敵は敗れた。そこを追いかけ、甲州の境を越えて加藤の要害へ押し寄せ、鶴河所というところを放火して帰陣した。

 同十七日、荒川を越えて鉢形と成田の間に陣を取った。

 成田の御陣から簗田中務大輔が使者を遣わして、「上州で申し合わせましたように、公方と上杉は上下とも御和談ということで別儀ありませんが、景春が公方の御近辺に参ってしきりに懇請するため、公方が難儀に思し召しており、景春を追い払って古河へ御帰座されたく思っていらっしゃいます」と言って来た。

 そこで、太田道灌が馳せ向かったところ、景春は敗北したので、その間に成氏公は利根川を越えられ、七月十七日に古河の城に御帰座された。

 顕定は鉢形の城に天子の御旗を立て、そこを居城とした。



前へ
次へ

「鎌倉大草紙の後半」インデックス