現代語訳 応永記  


 応永の乱の際の和泉堺の合戦を描いた軍記、『応永記』の現代語訳です。別名『大内義弘退治記』とも呼ばれています。著者・成立年は不詳。

 応永の乱は、周防・長門を根拠地とする大内義弘が、室町時代初期の応永六年(1399)に起こした反乱です。

大内義弘供養塔 大内氏は、義弘の父弘世が足利尊氏を援助して周防・長門の守護となり、義弘は今川了俊に従って九州経営に参画、周防・長門のほか、和泉・紀伊・豊前・石見の六か国の守護を兼ねていました。また、朝鮮との貿易でも利益を収めて、強大な勢力を誇っていました。

 そのため、幕府の集権体勢に沿わない外様大名として、また、幕府が注目し始めた対明貿易の競合者として、幕府の抑圧対象とみなされるようになっていきました。

 将軍足利義満の政策に不安をつのらせた大内義弘は、応永六年十月上洛命令に応じて、大軍を率いて領国和泉の堺に入ると、鎌倉公方足利満兼と結んでその地で反乱を決意。これに呼応して美濃の土岐詮直(あきなお)、丹波の山名時清のほか、南朝系の武士たちも挙兵します。しかし、足利満兼は上杉憲定が強く諌めたため兵を挙げることができず、大内義弘は同年十二月に堺で戦死。地方の反乱も鎮圧されます。

 この反乱の鎮圧によって足利義満は有力守護の勢力削減に成功し、対外貿易の主導権も得て、権力基盤を完全に確立することになったと言われています。

(写真は、大内義弘供養塔。義弘最期の地と伝えられる本行寺(堺市西湊町)にある。)



 応永記
 
応永記1 客星
応永記2 大内義弘PHOTO(旧堺港)
応永記3 大内の内談
応永記4 絶海中津と大内義弘・その1(大内略系図)
応永記5 絶海中津と大内義弘・その2
応永記6 足利義満 PHOTO(足利義満木像)
応永記7 大内の評定
応永記8 築城
応永記9 城攻め・その1
応永記10 城攻め・その2
応永記11 土岐詮直の挙兵(土岐略系図)
応永記12 山名時清の挙兵(山名略系図)
応永記13 京極秀満の挙兵(京極略系図)
応永記14 火攻め
応永記15 杉備中守の討死
応永記16 項羽のこと
応永記17 大内義弘の奮戦
応永記18 大内義弘の討死
応永記19 杉豊後守の討死
応永記20 落城   


入り口へ戻る