応永記2

− 大内義弘 −

旧堺港 そうしたところ、同年(1399)十月十三日、大内左京権大夫義弘入道が和泉の堺の浦に着いた。平井新左衛門に案内させて、自身は参洛しなかった。「筑紫・中国の軍勢が和泉・紀伊国に充満して、野心の企てがある」などと伝えられたため、やがて上聞に達した。

 写真は、旧堺港。江戸時代末に大和川の流路が変えられた結果、大和川から運ばれる土砂で堺港が埋まり、大きな船が入れなくなっていた。しかし、その後の工事によって、現在のような旧い堺港の形に復元された。

 (足利義満は)「門跡青蓮院殿の伊予法眼をもって直ちに宥(なだ)めるように」と、仰せ下された。しかし、(大内義弘は)「意にそわないことがいろいろあるので、参洛できない」とのことであった。

 「さては、噂されていたように野心を抱いているようである。しかしながら、もしもいったんの讒言広舌などによって恨みを含んで世上を乱し、民を悩ませることになってはいけない」と、絶海和尚が専使として十月二十七日に堺の浦に下向し、大内の元に案内を申し入れた。
 (使者として下向した絶海中津(ぜっかいちゅうしん)は夢窓疎石の法嗣で、当時は鹿苑院塔主であり、禅宗寺院を統括する僧録(そうろく)の立場にあった。)

 大内は、「上意再三に及んで、いかに御返事申そうか」と、内談した。



戻る

次へ

インデックスへ戻る