応永記3

− 大内の内談 −

 新介(大内弘茂)が、言った

「たびたび厳命を疑いたてまつりましたが、実否が分明ではありません。伝え聞いたことを信じて仰せに背くのは、愚案のいたりです。およそ先祖は一国も持たなかったのに、当代に至って六か国まで拝領して、栄華身にあまり、どうして御意を軽んじたてまつることができましょうか。僧中の尊宿、絶海和尚に仰せ下されるとは、このたびの上意はことに子細があるように思われます。先非をひるがえして上命にしたがい、参洛いたしましょう。」

 すると平井備前入道が、

「その趣きはそのとおりでございましょう。たとえいかなる御計らいがあるとも、へりくだって何度も嘆き申し上げるのが尋常なやり方でございましょう。あまつさえ、今は上より宥(なだ)め仰せられて来たのは、軽んじるわけにいきません。これでもなお承引しなければ、君臣の義に背き、朝敵となりましょう。さすれば、たちまちのうちに当家の滅亡となりましょう。」

と、言葉を尽くして申し上げた。朱雲の折檻(注:朱雲は前漢の人。朱雲の諌言に怒った成帝が朱雲を捕縛させようとしたところ、朱雲が宮殿の欄檻(らんかん)にしがみついて抵抗したので欄檻が折れてしまった。このことから、強く諌めることを折檻と言うようになった)、辛毘が裾を引いたのも、このようなものであったかと思われた。

 ところが、忠言耳に逆らい、意に沿わなかったので、杉豊後入道が進み出て言った。

「都鄙の多くの大敵を滅ぼし、忠のみあって不忠はなく、その忠賞として国々を拝領しました。今、どうして分国を取り上げる御企てをされるのでしょう。ひとえに当家を滅ぼそうとの策でございましょう。その遺恨を晴らすために当国(和泉国)へ打ち越えたことは、既に外にも洩れ伝わっております。天下の大事を思し召し立たれたまえ。いったんの御宥(なだ)めをもって仰せの条にしたがうのは、いかがかと存じます。」

 運が尽きたのか、「この儀、しかるべし」ということになり、(義弘が)絶海和尚に対面した 



戻る

次へ

インデックスへ戻る