応永記4

− 絶海中津と大内義弘・その1 −

 絶海和尚が、仰せになった。

「先だっても仰せがありましたが、『いささか心に懸かることがある』との由を聞こし召されたので、重ねて上意の趣きを伝えるために愚僧が下向しました。世間の浮言をもって上意を計りたてまつるのは、よくないことです。千万の広説があろうとも、急いで上洛を遂げられて御目にかかり、このところの意趣を申し開かれれば、上意の趣きもよくわかることでしょう。百聞は一見に如かずと申します。一朝の怒りで上の御意に背かれるのは、思慮のないことです。」

 大内(義弘)は、言った。

「上意の趣き、また、御教誡の旨、かしこまって承りました。まことに君の御恩は大山よりも高く、巨海より深いものです。それで、蕭何が功をさみし、陳平が義を重んじたのでしょう。君の前に一命が軽いことは、風の前の塵も同然です。

 中でも、九州一統として御敵数万騎が中国にうち越えようと企てたことがありました。そこで今川伊予入道(了俊)を探題として差し遣わされましたが、その勢はわずかに三百余騎。微力にして九州に渡海することもできませんでした。そうしたところ、『合力して九州に発向すべし』との上命をこうむったので、それがしは十六歳にして四千余騎を率いて探題(今川了俊)と共に九州に渡海し、二十年の間に主な合戦だけでも二十八回。敵を滅ぼし、無二の忠節を致したのは世の知るところです。

大内略系図 また、近年、山名陸奥守(氏清)がにわかに京都へ発向したため、遠国の勢を催すことができず、我が勢二百余騎で陣を取ったところ、向こうの先陣の小林が七百余騎で当陣に駆け合わして来ました。そこで入道は、一命を捨てて合戦つかまつり、良き敵十余人を我が手に懸けました。それがしも二か所手負いとなって、小林以下の兵百余騎を討ち取りました。一陣が敗れれば残りは慌てふためき、そのために敵は敗れて、陸奥守(氏清)も討死しました。その勲功によって和泉・紀伊の両国を賜りました。

 また、それがしは南朝との御和睦の事を取りまとめ、両朝一統としただけでなく、三種の神器を当朝に納めました。およそ神器というのは大国、秦の李斯が藍田の玉で造った印璽とは異なり、かたじけなくも天照大神より伝わって、帝が相伝されてきた三国無双の霊宝とうけたまわっております。これもまた、随分な忠節ではありませんか。

 その後、一昨年、『少弐を退治せよ』との仰せを再三こうむったので、舎弟伊予守(満弘)、同六郎(盛見)を大将として五千余騎で九州に発向しました。そうしたところ、敵は少弐、菊池、千葉、大村以下の大軍、味方は小勢だったため合戦が延引し、そこで入道(義弘)がまかり下って日をおかずに大敵を退治しました。

 ところが、後日聞いたところによると、『入道(義弘)を退治するように』と少弐・菊池方へひそかに仰せ下されたとのこと。三十年の間、無二の忠節を致してきたところに、何の子細があってこのような御計らいが有ったのでしょうか。これが一つ。

 また、和泉国と紀伊国は、眼前の御大事に及びそうなところを入道が一命を捨てて忠を致したので、その御感によって拝領した国です。したがって子々孫々までも御違変は無いだろうと思っていたところ、幾程もなく召し放されるとのこと。これが一つ。

 また、少弐を退治した時、舎弟伊予守(満弘)が討死したのに、その子は勲功の賞に預かりませんでした。これが一つ。

 そのあげく、『召し上らせて京都において誅せらるべし』との御評議とのこと。これほど御意にかなわないのでは、どうして上洛つかまつることができましょうか。」



戻る

次へ

インデックスへ戻る