応永記6

− 足利義満 −

足利義満木像 御所様(足利義満)は、これを聞こし召されると仰せになった。

 写真は、等持院の足利義満木像。

「陰謀が露見したからには、ただちに誅伐を加えよ。この三十余年のあいだ(義弘が)武威を振るってきたのは、ひとえに我が力によるものである。まったく義弘の力によるものではない。たとえ武力が世に勝れていても、朝敵となればいかほどのことがあろうか。

 昔も異国で蚩尤(しゆう)という者が乱を起こし、黄帝の位を奪おうとして鹿(たくろく。河北省にある山の名)の野で戦った。蚩尤は大霧を作り出すことができ、黄帝の官軍は方角を失ったが、臣下の風后氏が指南車を作って四方へ備え、その戦いに討ち勝ってこれを殺した。また、唐の玄宗皇帝の時、安禄山が謀叛を起こして大燕皇帝と僭称したが、至徳に安慶緒が禄山を殺した。(注: 安禄山は天宝十四年(755)范陽で挙兵し、一時は長安を陥れたが、至徳二年(757)子の安慶緒に殺害された。)

 また、我が朝の守屋(物部守屋)は、仏法を滅ぼし王法を絶とうとしたため、聖徳太子がこれを誅罰した。天慶・康和の逆臣は、みな誅罰されない者はいなかった。当代では、山名氏清が謀叛を起こしたので、ただちにこれを退治した。今の義弘も、そうならないはずがない。」

 こうして、細川右京大夫頼元、京極治部少輔入道、赤松上総入道(義則)、都合その勢六千余騎が、淀・山崎から和泉国に発向した。

 同八日、相公(足利義満)も東寺に御陣を召された。御馬廻りは二千余騎。御供の人々は、管領(畠山基国)と子息尾張守(満家)、前管領(斯波義将)、同子息左衛門佐(義重)、吉良、石堂、吉見、渋川、一色、今川、土岐、佐々木、武田、小笠原、富樫、河野らをはじめとして、以上、その勢三万余騎であった。

 同十四日、八幡に御陣を召された。その日、八幡から管領(畠山基国)と前管領(斯波義将)を先陣として、都合三万余騎が和泉国に発向した。



戻る

次へ

インデックスへ戻る