応永記7

− 大内の評定 −

 そうしたところ義弘入道は、相公(義満)がすでに御動座されて東寺に出られた由を伝え聞くと、その日は石津に出て北へ向かい、礼を成したという。この時までは君臣の礼がまだ残っていたのにと、哀れに思われた。

 やがて堺に帰って陣を取り、合戦の評議があった。

 新介(弘茂)は、先日はずいぶん教訓したのに承引が無かったからには、今さら捨てて逃げるわけにもいかず、評議の席に出て言った。

「まず、河内の高山を討ち取って、東條土丸のあたりに陣を取り、和泉・紀伊国を支配すれば、五年十年でも味方は持ちこたえられましょう。堺ノ浦、清水ノ浦、中国の船の通路も開けています。」

 すると、杉豊後入道が言った。

「戦(いくさ)に勝ちて、すなわちその気進み、戦いに負ける時はその気必ず退く。されば、先立つ時は人を制し、後るる時は人に制せらる、と申します。落ちるふりをして堺ノ浦から舟に乗り、尼崎に上陸してそこから八幡の御陣へ攻め寄せ、思いのままに合戦して勝負を一時に決しましょう。」

 平井は最初から、「この謀叛は無益なことです」と頻りに諌めていた者だったので、「城を構え、他国を討ち取る籌策のほかあるまい。せめて今の状態のままなら、後の訴えも聞いてもらえるかもしれない」と心の中で思い、言った。

「海上に出ると、常に風波が測り難いものです。また、堺をうち捨てて出れば、和泉・紀伊国の人が京方(幕府方)になってしまうでしょう。そうなれば、味方はますます御勢が減り、御所方(幕府方)はいよいよ増えて、多勢に無勢でかなわなくなるでしょう。『天の時は地の利に如かず。地の利は人の和に如かず』といって、険阻な城を構えるよりも人を和すのが良いように思います。ここは当方が支配して、非義・非法もおこなっていませんから、土民も喜悦の眉を開き、当方に背く心はいささかも抱いておりません。そのうえ、兵糧や材木の多いところですから、心のままに要害を構えて他国の城を討ち取れば、手の者も損ないません。大事の前の小事に人の力を尽くすのも無益です。」



戻る

次へ

インデックスへ戻る