応永記8

− 築城 −

 

 大内(義弘)はこの議に同意して、やがて材木を集め、数百人の番匠が種々の功を尽くして要害を築いた。井楼四十八、矢倉一千七百、東西南北合わせて十六丈の魚鱗鶴翼の陣取りだったので、諸葛亮が呉国を討ち取ろうとして、江に拠って天地風雲飛龍翔鳥虎翼地蟠の八陣を造ったのもこれには及ばないと思われた。

 大内入道は城の様子を見て廻り、「この中に我が手の者五千余騎が籠もれば、たとえ百万騎の勢でもとうてい破ることはできないだろう」と喜び勇み合った。

 しかし、「このたびの義兵は日頃の本意とは異なり、不慮に起きたことである。静かにことの子細を考えてみると、一旦の恨みをもって相公(足利義満)の御高恩を忘れたてまつるのだから、天命の責めをのがれることはできまい。運命が尽きたからには、討死することは必定であろう」と思い定めて、このところ他念なく帰依したてまつり、信心していた僧を招くと、葬礼の儀式を調え、四十九日までの仏事などを懇ろに沙汰した。

 周防国に残して来た七十過ぎの老母にもいろいろな形見に文(ふみ)をそえて送った。その文には、「さても過し此但、かりそめにまかり上り候しかども、もし有為転変の理(ことわり)にてはかなくも成り候わば、定めなき憂き世の習いにて、後れ先立つ路芝の、露の命も消えもせで、なおしも残る水茎の、跡に留まる老いの身の、深き思いの涙河、尽きざる嘆きをいかにせん」と書いてあった。人の為すことでは無いが、せめてものことを尽くしたもので、哀れであった。

 また、舎弟の六郎(盛見)の元へも、同じくいろいろな形見に文をそえて、「こちらの合戦はどうなろうとも、そなたは分国を固く守るように」と、書き送った。

 その後、大内入道(義弘)は今生の思い出にしようと、もともと数奇の道であったので千句の連歌を賦し、百首の和歌を詠じた。若党どもにも「思いおもいに最後の遊びをせよ」と言って、酒宴乱舞が昼も夜も絶えなかった。また、従う者どもはそれぞれ母や妻に形見を遣わし、みな討死の用意をした。また、殺人刀・活人剣を傍らに置き、利剣即是弥陀号の安心(あんじん。天命を悟り、心を安らかにすること)を守る人も多かった
(「利剣即是弥陀号(りけんそくぜみだごう)」は、中国浄土教の大成者、善導大師(613-681)が著した『般舟讃』の中に見える語で、「一声称念罪皆除」と続く。「阿弥陀仏の名号は、これを唱えればすべての罪障を利剣のように断ち切る」という意味)


戻る

次へ

インデックスへ戻る