応永記9

− 城攻め・その1 −

 そうしたところ、京勢は時日を移さず南北東の三方に陣を取り、西は四国淡路の海賊が百余艘で詰め寄せた。

 大内は、「今は諸方にとらわれている場合ではない」と、杉九郎の二百余騎が森口城で今川上総入道(泰範)、結城越後入道と日々合戦して支えていたのを呼び寄せ、[貝+鳥]山に杉備中守がいたのも立ち退かせて、ただ堺の浦で一緒になって討死しようと準備した。

 討手の兵(つわもの)は、「この程度の平城は一気に攻め落とせ」と評定して、十一月二十九日の卯の刻(午前6時頃)から押し寄せ、味方三万余騎が楯の板やえびらを叩いて一斉に鬨の声をあげた。城中でも五千余騎が太鼓を打ち、矢倉、掻楯を叩いて鬨を合わせた。敵味方の鬨の声に、天地も崩れ大海も破れるかと思われた。

 味方は四方から我先に城を破って攻め入ろうと、息もつがせず攻めたので、城中の四方の走り矢倉から屈強の強弓・勢兵がさし詰め引き詰め、さんざんに射まくった。

 そこに、管領(畠山基国)の勢が二千余騎で北側の一の木戸、二の木戸を攻め破った。すぐにも三の木戸を攻め破ろうと手痛く戦ったので、遊佐を初めとして七百人が手負いとなり、合戦が難儀に及んだ。しかし、遊佐は手負いとなっても一歩も退かず、なおも敵の中へ攻め入って討ち死にしようとした。管領(畠山基国)と同子息尾張守(満家)が、「遊佐、討死すな」とお駆けになったので、兵七百余騎がそれに続いて命を惜しまず攻め戦い、かけつ返しつ、まくりまくられ、卯の刻(午前6時頃)から戌の刻(午後8時頃)まで少しも休まず戦った。



戻る

次へ

インデックスへ戻る