応永記10

− 城攻め・その2 −

 やがて、山名右衛門佐入道(時熈)、同民部少輔(満氏)を初めとして一門五百余騎が管領の手と入れ替わってさんざんに戦った。

 城中からは、杉豊後、同備中、野上豊前を初めとして屈強の兵五百余騎が切って出て、向かう敵を追い散らした。山名民部少輔兄弟(満氏・熈氏)二人が一歩も退かず、敵の中に「えいや」と声を揚げて切って入った。これを見て、一門五百余騎も「民部少輔を討たすな」と続いて切って入ったので、敵味方が乱れ合った。先陣が討たれれば後陣の勢はその死骸の上を乗り越え乗り越え、討ちつ討たれつ攻め戦った。

 義弘入道は、その日は白綾綴の腹巻に、二年来の秘蔵という鴾毛(つきげ)の馬に金覆輪の鞍を置いて乗っていた。冑をわざと着けず、下人にこれを持たせていた。その勢、わずか二百余騎だけで四方の合戦を下知しながら駆け回っていたが、こここそが一番の合戦のしどころと、二百余騎を率いて合力した。

 そこに、伊勢の国司北畠大納言(俊康)、同子息少将も、その勢三百余騎で山名と一緒になり、この手を切り退けて城中に乱れ入ろうと、命を塵芥よりも軽んじて切って入った。しかし、敵が手痛く防ぎ戦ったので、北畠少将を初めとしてやにわに十人あまりが討死した。

 郎党が走り寄って、少将がすでに討死したことを父大納言に告げたが、「もとより子をも若党をも大勢討たせてこそ、軍功となろう」と言って、なおも敵の中に切って入り、火が出るほどに攻め戦った。

 細川の一門と赤松の一族、都合その勢五千余騎は、南側を破ろうとして、塀・鹿垣に取り付いて、入れ替え入れかえ攻め戦った。

 六角・京極は東側を破ろうとして、新介(大内弘茂)の勢と渡り合い、身命を惜しまず戦った。

 卯の刻(午前6時頃)から夜半にいたって、四方の合戦で討死・手負いの数は幾千万とも知れず、敵味方の人馬気力も尽きたので、互いに本陣に引き退いた。そのありさまは、帝釈修羅(帝釈天と阿修羅)の戦いもかくやと思われた。



戻る

次へ

インデックスへ戻る