応永記11

− 土岐詮直の挙兵 −



 そうしたところ、土岐宮内少輔入道(詮直(あきなお)が大内に同心して尾張国に討ち入り、そこから七百余騎で美濃長森に打ち越え、そこで池田が馳せ加わった。

 土岐美濃守(頼益)は和泉の陣にいたが、このことを聞いて急いで馳せ下り、時日をおかずに押し寄せた。

 宮内少輔(土岐詮直)、池田、周防が一緒になり、美濃守(頼益)に駆け合わせてさんざんに戦ったが、周防は敗れて二百人あまりが討死した。宮内少輔(土岐詮直)は敗れて、長森に立て籠もった。

 美濃守(土岐頼益)は、宗徒(むねと。おもだった者)の頚三十六を八幡の御陣に進上して、少なからぬ御感をこうむった。

 土岐氏は美濃国を根拠地とする清和源氏頼光流の豪族。南北朝時代に土岐頼貞が足利尊氏に仕えて美濃守護となり、孫頼康の時代には美濃・尾張・伊勢の守護となった。
 康行が美濃・尾張・伊勢の守護職を継承したが、嘉慶元年
(1387)尾張国の守護職が弟の満貞にかえられたことから、翌年、尾張国守護代土岐詮直が満貞と交戦、康行も詮直を援助した。これが反幕府行動と見なされ、康行は明徳元年(1390)幕府の追討を受けて没落(土岐氏の乱)。しかし、翌年明徳の乱で戦功をあげて、伊勢国守護職を回復した。美濃国守護職は、康行追討の際に戦功をあげた頼益が継承していた。




戻る

次へ

インデックスへ戻る