応永記12

− 山名時清の挙兵 −

山名略系図 そうしたところ、山名陸奥守(氏清)の嫡子宮内(時清)も、「その時が来た」と大内に同心して丹波国宮田に討ち入り、そこから都へ攻め入って京中を焼き払い、八幡の御陣に攻めかかった。「亡父の本意を遂げよう」と、三百余騎で向かった。(山名時清の父氏清は明徳二年(1391)幕府に叛旗を翻して、兄の義理、甥の満幸らと共に京都に攻め上り、内野の合戦で幕府勢に討たれた(明徳の乱)。

 小幡衆が二手に分かれ、陣を張って待ち受けた。

 荻野源左衛門が(山名時清勢の)先陣で、佐々木の小原の陣に攻めかかって戦った。小原はわずかな小勢だったが身命を捨てて戦い、源左衛門を初めとして四十人あまりを討ち取った。

 宮田は、「もとより一家のことである。敵には何を(このあと「カサタベキ」と続くが、意味がわからない)」と、大館の陣に攻めかかった。宮の上野は大将の宮田を討ち取ろうと、敵の中に討って入り、向かって来た者七八人を討ち取ると、敵二十騎あまりと駆け合わせてさんざんに戦い、たくさんの敵を手負いにして、とうとうそこで討死した。

 今河奈古屋はこれを見て、「上野を討たすまい」と大勢の中に斬って入って戦った。馬の太腹を射られて徒歩(かち)立ちになり、向かう敵十人あまりを切って落とし、最後は太刀が折れてしまったので、かかってくる敵を取っては投げ、組んでは組み伏せ、刀だけで大勢の敵を討ち取った。そこに、三十人あまりが集まって、これを討った。

 遠江国の住人、勝間田遠江守は良き敵二人を討ち取り、頚を鞍のしをでに取り付け、これも「奈古屋と一緒に死のう」と同じ場所に斬って入って討死した。

 宮田が、「人馬に息を継がせよう」と引き返したので、味方(幕府方)も本陣へ引き退いた。



戻る

次へ

インデックスへ戻る