応永記13

− 京極秀満の挙兵 −

佐々木京極略系図 また、京極五郎左衛門(秀満)も大内に同心して近江国にうち越え、そこから京都へ攻め上ろうと森山に討って出た。そこで、三井寺の衆徒が兜五百で勢田に向かい、橋を引いて待ち受けた。

 五郎左衛門(京極秀満)は、昔の一来法師や筒井の浄妙などを思い出したのか、橋を落とされて森山に控えていた。(平家物語に、治承四年(1180)宇治川の合戦で三井寺の僧兵筒井浄妙が橋桁を渡って一番乗りしようと奮戦していると、後ろから来た一来法師がその頭上を飛び越え、先陣を取ったというエピソードがある。)

 そこで、京極和泉の陣から一千騎あまりが近江にうち越え、勢多の橋を懸けさせて、森山にうち越えた。すると、五郎左衛門は小勢ではかなわないと、土岐宮内少輔(詮直)と一緒になろうとして美濃国へ向かった。

 そこに、垂井の土一揆が蜂起して押し寄せ、取り囲んでさんざんにうち散らした。主従二人、命だけは助かって行方知れずに落ちて行った。



戻る

次へ

インデックスへ戻る