応永記14

− 火攻め −

 さて、堺城では、軍兵は「勝ち戦(いくさ)をした」と、いよいよ意気があがった。

 京勢(幕府勢)は、「せんだっての合戦では、城攻めの用意が無かったので、敵を見誤り大勢の味方を損じてしまった。今度は用意をしてから攻めよう」と、井楼・矢倉を用意し、また、大左義長を作って城を焼き払おうと企てた。(左義長(さぎちょう)は、木や竹を三叉に組んで立てたもの。正月に、その中で門松・しめなわ・書初めなどを燃やす火祭りの行事がおこなわれ、その行事も左義長と呼ばれる。)

 東のほうは深田だったので、一色・今川が「直に城へ切り入ろう」と、道を作らすなどして思いおもいに用意をおこなった。

 その後、合戦の日を定めたが、淫雨のために延引し、十二月二十一日の卯の刻(午前6時頃)、鬨の声をあげて矢合わせして、四方同時に攻め入った。折りから風が激しく、火を付けると城中の矢倉に倒しかけ、四方から焼き立てて攻め入った。

 異朝では昔、周瑜と曹操が赤壁というところで戦ったことがあったが、周瑜方の黄蓋という者が謀(はかりごと)をめぐらし、千艘あまりの船に枯れた柴を積み、油をそそいだ。そして、巽風(南東の風)が激しく吹く中、この舟を出すと、岸の曹操の陣に矢を射るかのように突っ込ませた。船の中の柴の焼ける火が陣に燃え移り、人馬がたくさん焼けたため軍兵はあわてたが、そこに陸から周瑜の兵が攻めかかり、曹操の軍を破ったという。その赤壁の戦いも、このようなものだったかと思われた。



戻る

次へ

インデックスへ戻る