応永記15

− 杉備中守の討死 −

 この時、杉備中守は、「今日はきっと権大夫(大内義弘)は討死されるだろう。そうなれば豊後守も討死するだろう。そうと決まれば、自分が一番に討死しよう」と、北の手にいた山名民部大輔(「民部少輔」(山名満氏) の誤りか)の陣に攻めかかってさんざんに戦った。敵十人あまりを討ち取り、今日が最後の合戦なので、縦横十文字に走り回りながら、向かう敵を大喜びで斬ってまわった。

 しかし、さすがに深手をあまた負ったので、「今はこれまで」と思い、「大内左京権大夫の家中で、杉備中守という一人当千の兵(つわもの)ぞ。われと思う人々は、討ち取って高名せよ」と大音声で叫ぶと、大勢の中にわって入った。

 屈強の兵三十人あまりが渡り合い、備中守を取り囲んで攻め戦った。備中守は敵五人を手負いにし、たちまち三人を討ち取ると、ついにそこで討死した。



戻る

次へ

インデックスへ戻る