応永記16

− 項羽のこと −

 そうしたところ、富田尾張守が大内(義弘)に馳せ寄って言った。

「備中を初めとして、宗徒の者どもがあまた討死つかまつりました。合戦が難儀に及んだら、夜になってから舟で落ち延び、中国にお帰りになって時を待ち、本意を遂げてください。」

 大内は言った。

「由(よし)無き者の勧めでこのことを思い立ち、運が尽きたからには、どこに逃れることができようか。

 楚の項羽は四十万騎の軍兵を率い、その威勢は、山を抜き世を覆うほどであった。漢の高祖(劉邦)と八か年の間に七十回あまりの合戦をして、一度も戦いに負けなかった。しかし、運が尽きたため、垓下(がいか。今の安徽省霊壁県の地名)というところでたった三騎になって沛公(劉邦)の大軍に囲まれ、烏江というところの岸辺に臨まれた。

 そこに、烏江の亭長が、舟を一艘漕いで来て言った。

『この川の向こうは、項王の御手に属してあちこちの合戦で討死つかまつった兵どもの故郷です。土地は狭いとはいえ、人数は八十万人ばかりが住んでいます。この舟のほかは、渡れる浅瀬も無く、また、橋もありません。漢の沛公(劉邦)の兵が来ても、渡ることはできません。大王は急いで川を渡って命をまっとうし、再び大軍を興して天下をもう一度うち平らげてください。』

 項王は大笑して言った。

『天、我を亡ぼせり。どうして川を渡れようか。その上、むかし、江東の子弟八千人とこの川を渡って秦をうち亡ぼし、ついに天下に覇をとなえて、いまだ士卒に賞を与えていない。それなのに、沛公と戦うこと八か年、今、その子弟は一人も帰る者がいない。一人で江東に帰れば、たとえ江東の父兄が憐れんで王にしたとしても、なんの面目があって彼らに会うことができようか。彼らがたとえ何も言わなくても、我は一人、心に恥じることになるだろう。』

 こう言って、ついに川を渡らなかった。しかし、亭長の志を賞し、それまで乗っていた、一日に千里を駆ける騅(すい)という馬から下りて、これを亭長に与えた。

 その後、徒(かち)立ちになると、たった三人で、なおも怒りの形相で敵兵どもの頚を打ち物の先に貫いてお立ちになっていた。そこに、漢の騎将、赤泉侯(楊喜)の二万騎あまりが、真っ先に進んで項王を生け捕りにしようと馳せ近づいた。

 項王は眼(まなこ)をいからし、大音声で、『汝ら、何者なれば我を討たんとは近づくぞ』と、怒りの声をあげた。

 さしもの赤泉侯ではあったが、思わず馬まで震えわなないて、小膝を折って伏せてしまった。

 そこに、漢の司馬呂馬童という者が遥か遠くに控えていたのを、項王は手を挙げて招くと、『汝とは、長年親しくしてきた。漢に我が頚を持って行くと、千金の邑(むら)万戸がもらえると聞いている。今、汝に頚を与え、朋友の恩に報いよう』と、言った。

 呂馬童は涙を流し、敢えて項王を討とうとはしなかった。

 項王は、『それなら、自分で我が頚を切って汝に与えよう。』と言うと、自分の剣で自分の頚を掻き落とし、左の手で差し上げて、立ったまま死なれた。

 わしも、思うように討死して、後代に名を上げようと思う。」

 大内はこのように言うと、備中守が討死した北の陣に切って入り、さんざんに戦い始めた。



戻る

次へ

インデックスへ戻る