応永記17

− 大内義弘の奮戦 −

 大内はこれが最後の戦(いくさ)なので、身命を惜しまず北から南へ切って出ると、西から東に破って入り、元より好みの大太刀で、四方切り、入方払いなどという兵法の手を尽くして切ってまわった。向かう敵は、討たれない者は一人としていなかった。

 修理大夫入道と同左衛門佐はこの形勢を見て、義弘入道を討ち取ろうと隙間も見せずに切って懸かった。そこに、大内の郎党二十人あまりが駆け合わせて攻め戦った。

 甲斐兄弟は義弘と渡り合って戦っていたが、甲斐蔵人の長刀が、大内の内兜(兜の眉庇(まびさし)の内側)草摺の隙間に二三度入った。義弘は、今日は諸方の戦(いくさ)を下知しようとしていたので、物を言いにくかろうと思い、頬当てをしていなかった。そこに甲斐蔵人が刀を入れたので、鼻と口、二か所に傷を負った。

 しかし、義弘はまったくものともせず、さんざんに攻め戦った。そこに、野上豊前、陶山佐渡、同掃部を初めとして十人あまりが落ち合い、向かう敵を追い払うと、また管領の勢に攻め懸かって合戦した。

 大内の若党で紀伊国の住人の富田という者がいたが、この二三日のうちに管領の御手に降参していた。この者が、「ここにまっさきに進んで来たのが大将でございます」と、尾張守(畠山満家。管領畠山基国の嫡子)に告げた。「それなら直ちに押し寄せて勝負を決すべし」と、尾張守の軍勢二百騎ばかりが、えいと声をあげて駆け入った。

 すると義弘入道は尾張守に目を懸けて、その勢わずかに三十騎ばかりで駆け合わせ、火が出るほどにさんざんに戦った。敵味方はわからないが、やにわに百人あまりが討死した。

 そこに、大内の後ろに控えていた石見国の住人二百騎あまりが、もとから内通していたので管領(畠山基国)の御手に馳せ加わった。義弘はこれを見ておおいに怒り、「きたなしや、石見勢。いつもはそんなことはなかったのに、日本一の言う甲斐無し。一人も逃すまじ。」と、例の大長刀をうち振って飛んでかかった。

 石見の者ども二百騎あまりは、大内一人の威勢に怖じたのか、踏み止まることもできずにたちまち二町ほど引き退いた。そのありさまは、獅子が怒って吼える時、百千の獣がおののいて逃げるのもかくやと思われた。



戻る

次へ

インデックスへ戻る