応永記19

− 杉豊後守の討死 −

 豊後入道(杉豊後守)は南方を固めて合戦していたが、「大将討死」と聞くと、自分も討死しようと北の陣の大勢の中に切って入り、向かう敵六人を切って落とした。大太刀使いの剛の者が、死に狂いで命を惜しまず太刀をうち振って攻め懸かったので、嵐に木の葉が散るごとく、二百騎あまりの者どもが二町ばかり引き退いた。

 山名入道は太刀を投げ捨て、豊後守に押し並んで組もうと近付いた。そこに、豊後は隙を見せず長刀を突き出し、鎧の胸板を後ろへ突き通した。

 入道は豊後を引き寄せて刺し殺そうとしたが、豊後は突き刺した長刀で撥ねたので、三丈ばかり投げられて、そのまま死んでしまった。

 豊後はなおも大勢の中へ切って入り、さんざんに戦った。深手を十か所あまり負い、今はこれまでと思ったのか、大音声で、「日本一の剛の者、大内左京権大夫内、杉豊後入道ぞ。我と思わん人々は、討ち取って弓矢取っての思い出にせよ。」と名乗りをあげると、大勢の中に切って入り、ついに討死した。



戻る

次へ

インデックスへ戻る