応永記20

− 落城 −

 南方は細川・赤松以下が手痛く戦ったので、厳島の神主が降参し、南の手も破れて思い思いに討死する者もあり、腹を切る者もあった。

 しかし、新介(大内弘茂)が固めていた東の陣は、もともと難所で簡単には破ることができず、一色と今川が力を合わせて戦った。

 今川上総入道(泰範)が、「ここは城の一番の難所。命を捨てなければ功は成りがたい。」と、えいやと声をあげて駆け入ったので、嫡子五郎、同又五郎を初めとして二百騎あまりが入れ替えながらさんざんに戦った。討ちつ討たれつ乱れ合い、火を出し喚き叫んで攻め戦った。

 一色左京入道、同子息右馬頭、その勢五百余騎も、東方から父子で駆け入ったので、従う者どもも一斉に切り込んで、駆けつ返しつ隙間無く戦った。杉生円明も二百騎あまりで馳せ加わり、身命を捨てて攻め戦った。

 新介の手勢五百余騎は、一色、今川、杉生円明の勢に馳せ向かい、討つ者もあり討たれる者もあり、残勢二百余騎となって、「このうえは合戦をしてもどうにもならない」と、新介を初めとして従う者三百余騎は、我も我もと腹を切ろうとした。

 そこに、平井が、新介の刀を押さえて言った。

「順義の合戦ならば言うに及ばず、これは朝敵となってのことですから、入道殿が討死したからにはどうしてその必要がありましょうか。内々に上意を伺い、御降参ください。」

 新介は同意し難く思い、「今、この時になって、軍(いくさ)が難儀になったからといって降参しようなどとは、我が家の瑕瑾となり、弓矢の恥である」と言って、討死しようとした。そこを平井が頻りになだめながら冑を脱がせて降参させたので、従っていた者も同じく降人となった。

 楠木二百余騎は、「今まで眼前の御敵であったのに、今さら降参しても無益である」と、大和路を指して行方知れずに落ち失せた。なかでも菊池肥前は、常日頃言っていたこととは異なり、討死はせずに行方知れずになってしまった。

 しかし、城では、矢倉の上で戦って火中に落ちて焼け死ぬ者もあり、戦い合ううちに、朝になるまでに四方の矢倉・井楼から火が移って、堺一万間は一宇も残さず焼け失せてしまった。上蒼を焦がし、血は大海を流した。

 咸陽宮が焼けて、火が三か月間消えなかったのもこのようなものだったのかと思われて、浅ましく思われたことである。


 応永記は、これで終わりです。

 乱の後、幕府に降った大内弘茂は周防・長門を安堵されます。しかし、周防・長門を義弘に託されていた盛見は弘茂と関係を絶ち、弘茂が幕府の支援を受けて下向すると、いったん豊後に逃れたあと、応永八年(1401)長門に上陸、長門国盛山城(下関市)で弘茂と戦ってこれを敗死させます。さらに、幕府が弘茂の代わりに立てた介入道道通(満弘の弟)をも倒したため、幕府は盛見の家督を認めざるを得ず、応永十一年頃、盛見は防長の守護職を安堵され、次いで筑前・豊後の守護職も得て、大内氏は再び西国で繁栄することになります。

 永正五年(1508)に上洛して足利義澄・細川澄元を追い、足利義稙を擁立して管領代となった大内義興は、盛見の曽孫に当たります。



戻る

インデックスへ戻る