応仁記の主な登場人物



足利義政 室町幕府の八代将軍。行き当たりばったりの政治が斯波家や畠山家の内紛をまねき、応仁の乱の原因となる。乱が起きてからも、傍観者をきめこんで遊興にふける。

足利義視 義政の弟。出家して義尋と号していたが、隠遁を望む義政に請われ、次期将軍職を約束されて還俗。その後、義政の実子(後の足利義尚)が誕生したことによって危うい立場となるが、山名持豊に奉じられて西軍の将軍となる。

足利義尚 義政の嫡子。

日野富子 義政の室。

伊勢貞親 政所執事。義政に寵愛されて幕府内で権力をふるうが、私曲の多い政治が山名宗全・細川勝元を初めとする諸大名の怒りを買い、失脚。

季瓊真蘂 きけいしんずい。相国寺の塔頭、鹿苑院蔭涼軒の住持。禅宗寺院を統括する立場にあり、幕府で隠然とした力を持っていた。伊勢貞親とともに失脚。

西軍

東軍

山名持豊(宗全)

 西軍の中心人物。嘉吉の乱で赤松満祐を討ち、その功によって幕府の最高実力者となった。「宗全」は出家後の法名。赤ら顔をしていたことから、京童は「赤入道」と呼んだ。畠山家の内紛に際して畠山義就を支持したことから細川勝元と対立。

細川勝元

 東軍の中心人物。畠山家の内紛において畠山政長を支持し、山名宗全と対立。兵力は劣勢だったが、将軍と上皇・天皇を奉じることによって互角の情勢に持ち込む。

畠山義就(よしなり)

 畠山持国の子。持国は長く子が無く、弟持富を養嗣子としていたが、後に妾腹に生まれた義就が家督を継いだ。しかし、気性の激しさが将軍義政に疎まれて失脚。細川勝元らの支援で、持富の子政長が家督を継承した。義就は河内に出奔し、嶽山城に籠もって幕府に抵抗。山名宗全が義就の武勇に惚れ込み、その支援によって再び入京。御霊神社の森に籠もった畠山政長と戦闘に入り、これが応仁の乱の始まりとなった。以後、西軍の主力として活躍。

畠山政長

 従弟の畠山義就が将軍に疎まれて失脚したあと、畠山家の家督を継いで管領となった。しかし、その後、山名宗全が畠山義就を支持して義就を復権させたため、何の過ちも無いのに失脚。御霊合戦で、山名宗全の援助を受けた義就に敗れる。その後、奥州に逼塞していたが、細川勝元の挙兵に際して上洛し、細川方の有力武将となる。相国寺の蓮池合戦では、小勢で山名方の大軍を破り、勇名を馳せる。

斯波義廉(よしかど)

 渋川義鏡の子。斯波義敏が重臣の甲斐常治と対立して出奔したため、朝倉孝景らに擁立されて斯波家の家督を継承。その後、義敏の復権によって家督を失うが、山名宗全を頼って再び家督に復帰し管領となる。

斯波義敏

 庶流の大野持種の子。斯波本家の家督を継ぐが、重臣の甲斐常治らと対立して出奔。その後、伊勢貞親の取り成しによって許されるが、貞親が失脚したため越前に逃れた。応仁の乱勃発後は、東軍方として活動。

朝倉孝景(たかかげ)

 越前国における斯波氏の被官。斯波義廉を斯波家の家督に擁立した。応仁・文明の乱では初め西軍に属して武功をあげるが、のちに、越前国の支配権の公認を条件に東軍に寝返った。

赤松政則

 赤松次郎入道。赤松氏は、嘉吉の乱で赤松満祐が将軍義教を暗殺したことから没落していたが、南朝勢力に奪われていた神器を赤松の遺臣が奪回した功により赤松政則が復権。赤松満祐を討った山名宗全とは犬猿の仲。細川氏が赤松氏の復権を支援したことも、応仁の乱の原因の一つとなった。

大内政弘

 細川勝元と伊予国の河野通春の抗争の際に通春を支援したため、勝元と対立。応仁の乱では山名方として入京し、西軍の有力武将となった。

武田信賢(のぶかた)

 若狭武田氏の事実上の初代。兄信栄(のぶひで)が一色義貫討伐の功によって一色氏に代わって若狭守護となるが、まもなく死んだため信賢が守護職を継承した。若狭国で一色氏の残党の蜂起を鎮圧し、応仁の乱では東軍に属した。

一色義直

 一色義貫の子。義貫は、越智氏討伐のために赴いた大和の陣中で、将軍義教の命をうけた武田信栄(のぶひで)によって謀殺された。義直は丹後八田城を築いて本拠とし、応仁の乱では西軍に属して戦った。

武田基綱

 武田信賢の弟。応仁の乱で山名方が攻勢をかけた際、七尺三寸の大太刀を振るって三宝院を守備した。


 

目次へ戻る