応仁記1

− 乱前の晴儀の事 − 




 応仁丁亥の年(応仁元年、1467年)、天下はおおいに乱れ、それ以来、長いこと五幾七道はことごとく乱れることとなった。

足利義政の木像 そもそもの原因は、尊氏将軍の七代目の将軍義政公が、道を知る管領に天下の成敗をまかせず、御台所(日野富子)や香樹院、春日局などという、理非もわきまえず公事政道をも知らない青女房や比丘尼たちの計らいにまかせ、酒宴淫楽の合間に申し沙汰され、また、伊勢守貞親や鹿苑院の蔭凉軒(季瓊真蘂(きけいしんずい)などと評定されたことであった。

 写真は、等持院の足利義政木像。

 そのため、いままで贔屓していた者が訴えられると訴えられた者に所領を与え、訴人から賄賂をもらうと今度は訴人の勝訴とするありさまだった。また、奉行所から所領を安堵されると、その一方で、御台所が恩賞として他の者に与えてしまった。

 このように政治が乱れ、畠山の両家も、文安元年甲子(1444)からこの年に至るまでの二十四年間に、勘当されたことは三度、赦免されたことも三度に及んだ。何の不義もなく、また、何の忠も無かった。

 そのため京童は、「勘当に科(とが)無く、赦免に忠無し」と言って笑い合った。

 また、武衛両家は、わずか二十年の間に二度改動された。これは、伊勢守貞親が色を好み貪って、贔屓したためである。

 これに加えて、大乱の起こる前兆であったのか、公家も武家もおおいに奢り、都鄙遠境の人民まで奢侈を好み、諸家大営万民の疲弊は言語道断のことであった。

 こうして万民は憂悲苦悩し、夏の民が桀王の妄悪を恨んで、「この世はいつか亡びる。我と汝と、共に亡びよう」と歌ったのと同様のありさまであった。

 もしもこの時に忠臣がいれば諌言しないはずはなかった。しかし、「天下は破れるなら破れよ。世間は滅びるなら滅びよ。人はどうでも我が身さえ富貴ならば、他人より一段と贅沢に振舞おう」という風潮であった。

次へ



インデックスへ戻る