応仁記2

− 乱前の晴儀の事・その2 − 




 五六年の間に一度の晴儀でさえ諸家のたいへんな大儀なのに、この期間に続けて九回も執行された。

 まず一番に、将軍家の大将の御拝賀の準備。

 二番に、寛正五年(1464)三月、観世の河原猿楽。

 三番に、同年七月、後土御門院の御即位。

 四番に、同六年(1465)三月、花頂若王子大原野の花見の会。

 五番に、同八月、八幡の上卿。(意味不明。わかる方は、教えてください)

 六番に、同年九月、春日御社参。

 七番に、同十二月、大嘗会。

 八番に、文正元年(1466)三月、伊勢御参宮。

 九番に、花の御幸である。

 花を御覧になるためには百味百菓を準備して、御所(将軍)の御相伴衆は箸を金箔で飾り、御供衆の箸は沈香で作って、金の逆鰐口をつけた。(江戸時代には「逆鰐箸(さかわばし)」といって、金属の飾りを付けた箸が高級な箸として普及していた。ここに出てくる逆鰐口の箸は、おそらくその嚆矢となるもの。)

 このように、人々は装いのみを調えようと奔走し、みな所領を質に置き、財宝を売り払ってこれに勤めた。諸国の土民に課役をかけ、段銭(臨時の税)・棟別(家屋の棟別に賦課された臨時の税)を徴収したので、国々の名主百姓は耕作することができず、田畑を捨てて乞食になり、その日を食いつなぐがやっとのありさまであった。国々の郷里村県は、大半が荒れ地となってしまった。

 鹿苑院殿(足利義満)の御代に、倉役(土倉、質屋に課された税)が四季にかかることになり、普広院殿(足利義教)の御代になって、一年に十二度かかることになった。

 当代には、臨時の倉役が、大嘗会のあった十一月には九回、十二月には八回もかけられた。また、借金を反古にしようと、前代未聞の徳政というものをこの御代に十三回も行われたので、倉方(倉庫を管理し、出納をつかさどる者)も地下方(公的な地位を持たない庶民)となって、倉方がいなくなってしまった。

 このようなありさまだったので、大乱が起こることを天があらかじめ示されたのか、寛正六年(1465)九月十三日の夜、亥の刻(午後10時頃)に、南西から北東の方角に光り物が飛んだ。天地は鳴動して天地も裂けるかと思われた。浅ましいことであった。

 異朝では、周の御代がすでに亡びようとしていた時、方星が飛んで七廟の祭が衰えたことを示した。人々は、「周室は傾いた」と心には思いながら、口に出して言う人はいなかった。

 また翌年(1466)、文正と改元された九月十三日、同じ時刻に元の方角へ飛び帰ったのは不思議なことであった。天狗流星という物だったということである。何者がしたためたのか、天狗の落とし文というものを書いて持ち歩く者がいた。本物とは思えないと笑ったが、その後の出来事がおおよそ符合していたのは不思議である。

 その中に、「徹書記(歌僧の正徹(しょうてつ)。東福寺の書記を勤めたので徹書記と呼ばれた)、宗砌(そうぜい。山名家の家臣で、連歌師。俗名高山時重)、音阿弥禅空(能役者。実名は観世元重)が近いうちにこちらに来るであろう」と書かれていたが、果たして、その年に皆死んだ。

 『中庸』によれば、国家まさに亡ぶ時、必ず妖(ようげつ)が現れるという。妖というのは草の類を妖といい、虫や獣の類をというのである。妖の災いでさえ恐ろしいのだから、天の災いはもっと恐ろしい。殷の宗王は徳を修めて雉の災いを消し、宋の景帝は善言で(けいわく。兵乱の兆しを示す星。火星の別称)の災いを避けた。先賢はみなこのようであったという。



戻る

次へ

インデックスへ戻る