応仁記3

− 熊谷訴状の事 − 




 その頃、奉公の者で、近江国塩津の住人の熊谷という者がいた。智仁勇の三徳を兼ね備えて、文武に惑いを抱かなかった。

 当代の御政道が正しくないのを悲しんで、密かに諌言をしたためて目安の書状を進上した。

 義政将軍はこれを御覧になり、金言たちまち耳に逆らって、おおいに怒り、「諌言は一つとして道を外れていないが、その役目でもないのに法を行い、諌言したのは狼藉である。史記に曰く、『その人にあらずしてその官に居す』。これは、天を乱すことである」と、熊谷左衛門の所領を没収して追放してしまった。浅ましいことであった。

浄土院 このように人々が疎(うと)み奉っていることを聞こし召し、難儀に思われたのか、義政将軍は御年いまだ四十にもなっていないのに、あらぬ心地におなりになって、御連枝の浄土寺殿御門跡(義尋。後の足利義視)を還俗させて将軍を相続させ、すぐに御隠居されて、好きなように老楽の栄花を開こうと思し召しになった。

 写真は、浄土院(京都市左京区浄土寺)。義尋(後の足利義視)がいた浄土寺は、文明十四年(1482)、東山殿(後の銀閣寺)造営に際して相国寺の西に移された。その跡地に残された草堂を復興したものがこの寺である。本堂の阿弥陀如来座像は、浄土寺にあった遺物といわれている。

 「君子は七十にして心の欲するところにしたがえども矩(のり)をこえず」と言うが、そういうわけではなくて、「すぐに浄土寺殿(義尋)に御世を渡したい。すぐに還御するように」と、仰せになった。

 御門跡(義尋)は再三辞退され、決して還俗しないと御返事された。

 そこで重ねて御使者を立てられ、「今後もしも若君が出来たら、赤子の時から法体にする。御家督を改易することはない。これに偽りの無いことは、大小の冥道神祇の照覧にまかす」と書いて遣わされた。

 浄土寺殿は、「これほどに御契約されたからは、どうして約束を違えることがあろうか」と、法衣を脱いで還俗され、加冠されて左馬頭義視と名乗られ、御外戚の三条殿に移られて、今出川殿と呼ばれるようになった。

 近習外様の面々が日夜朝暮に出仕し、両御所の御番を勤めた。



戻る

次へ

インデックスへ戻る