応仁記4

− 若君誕生の事 − 




 そうしたところ、御隠居のことが延引した。その理由は、御台所(日野富子)が御懐妊されたことであった。

 人々が噂し合っているうちにほどなく誕生されて、若君でいらっしゃったので、桑の弓、蓬の矢の慶賀が天下に聞こえ、京中の道俗は、「あっぱれ大果報の若子だ」と言わない者はいなかった。

 御台所は、「なんとかしてこの若子を世に立てたい」と思し召し、今出川殿(足利義視)を疎んずる心底が見えた。「何か不思議なことが起こらないか」と思し召される心根が、やがて天下の乱となったのである。

 やがて御台所はじっと御思案されて、「諸国の大名・小名の中でも山名金吾(持豊)ばかりは、一族も多く、諸大名にたくさん婿がいる。威勢は並び無い」と思し召された。そして、ひそかにこの入道を頼んで若子(後の足利義尚)を世に立てようと、自ら書状をしたためられた。

 その書状には、次のようなことが書いてあった。

「若君を山名殿にまかせようと思います。彼の御生涯の御進退を、何とかして計らってください。私は三十を過ぎて、優曇華の花を待つ心地がしてからようやくもうけた若君を、剃髪染衣の形にやつさせることは、嘆かわしく、物思いの種となりましょう。それは不本意なことです。どうかこのことを人に洩らさないでください。」

 このように山名に伝えた。

 持豊入道がこの書状を受け取ってすぐに考えたのは、次のようなことであった。

「細川右京大夫勝元が今出川殿(足利義視)の後見として御父のように振るまい、沙汰するありさまは並ぶ人のいないかのようである。今出川殿が公方(将軍)になれば、我らのためには良くないことになろう。勝元は我らの婿でありながら、入道の敵の赤松次郎法師(政則)を取り立てようとしているのは無念の次第である。こうなったら、この入道も覚悟を決めよう。今、御台の仰せに従って若君を預かり申し、畠山義就を取り立てて政長を追放すれば、政長は勝元の一味なので、きっと勝元は政長を助けて合力するに違いない。その時、同罪として、赤松以下、一味の一族を追放しよう。そうすれば、味方の力はたちまち大きくなるだろう。」

 こう考えて御台所に、「御内書の旨、かしこまって承りました」と、御返事された。



戻る

次へ

インデックスへ戻る