応仁記5

− 武衛家騒動の事・その1 − 


 文正元年(1466)の春四月に、武衛(斯波家)の義敏と義廉(よしかど)の間に家督相続の諍いが起きて騒動となった。

 その理由は、武衛(斯波家)の総領、千代徳丸が長禄三年(1459)卯月に早世されたため、家督相続する男子がいなくなったことであった。

斯波氏略系図 大野修理大夫持種(斯波持種)の子、義敏を取り立てることになり、義敏が右兵衛佐に任じられて家督を相続した。

 ところが間もなく家老たちと不和になり、甲斐(常治)、朝倉(孝景)、織田(敏広)の三人が、「新参の主(あるじ)が譜代の家老に対してこのようにわがままを言うようではいけない。このままでは、武衛(斯波家)の家督が三職(三管領。管領職につくことができる家格の、斯波(しば)・細川・畠山の三家のこと)の座にいられなくなってしまう」と評定し、伊勢守貞親に頼んで訴えて出た。

 甲斐(常治)の妹が貞親の妾になっており、内縁をもって頻りに言ったため、時日を移さず上聞に達した。そこで、義敏を勘当し、渋川治部少輔義廉(よしかど)を取り立てて斯波右兵衛督に任じ、三識の座につかせた。

 五六年を経て、義敏は大内右京権大夫教弘を頼って西国に下向していた。

 その頃、伊勢守貞親の妻女で、この上ない寵愛を受けていた新しい女がいた。その妾と義敏の妾は姉妹だったので、その縁を頼って貞親に頼んだため、まず、義敏の子の松王丸を鹿苑院の蔭凉軒の真蘂西堂(季瓊真蘂(きけいしんずい))の弟子として、この僧にも依頼した。

 貞親は公方(足利義政)の御童名を付けたてまつった名付け親だったので、新造(貞親の新しい妾)は御母と呼ばれていた。これほど無遠慮な者だったので、一大事になるとは考えもせず、西堂(季瓊真蘂)と共に義敏の赦免をしきりに願い出た。

 貞親の子息の兵庫頭貞宗は、父に向かって言った。

「義敏の身上を取り持たれることは、よくないことです。一大事となり、ついには天下の騒動ともなりましょう。品位の無いことです。」

 しかし、貞親はそれを聞かず、結局、貞宗を勘当してしまった。まことに、「忠言は耳に逆らい、良薬は口に苦し」というものである。かつて清盛は、重盛が意見したのにそれを受け入れず、叡慮に背いて家を滅ぼされた。貞宗も、君のため家のために申されたのだと、後の人は言い合った。

 「時節の梅花、春風を待たず」というように、私事ではなく天の為す災いはどうすることもできないものであるが、これは人の心から起きた災いであった。

 やがて義敏は赦免されて、寛正六年乙酉(1465)の冬に西国から上洛し、同十二月二十九日、父修理大夫入道道顕(斯波持種)と一緒に両御所に出仕された。大名廻りの礼儀を重ねるうちに、いつしか人の心も変わり、人々は義敏をもてなすようになった。



戻る

次へ

インデックスへ戻る