応仁記6

− 武衛家騒動の事・その2 − 


斯波武衛陣跡 貞親がしきりに言ったため、翌年、文正元年(1466)の夏の頃、罪も無いのに義廉の出仕を停止し、そのうえ勘解由小路(現在の下立売通)の家を義敏に渡すようにとの上使がしきりに遣わされた。

 写真は、「斯波氏武衛陣・足利義輝邸遺址」の碑(室町通下立売下る)。管領の斯波義将(1350-1410)がこの地に邸宅を構えて以来、子孫が代々伝領した。応仁の乱のあと斯波氏は衰退したが、のちに十三代将軍の足利義輝がこの地に邸宅を構えて政務をとった。しかし、義輝が松永久秀・三好三人衆に襲撃された際、その邸宅も焼失した。

 甲斐(常治)・朝倉(孝景)以下は、「何の誤りも無いのに面目を失われたのは無念である」と思い、山名入道が義廉を婿にする約束になっていて近日中に祝儀をする用意をしていたので、急いで山名にこのことを告げて訴えた。

 山名入道はそれを静かに聞いておおいに怒り、「奇怪なること。この儀は上意といえども納得がいかない。自分も義廉の館に入って上使を待ち受け、合戦してくれよう」と、分国の軍勢を呼び寄せて合戦の準備をした。

 義廉も、尾張の守護代織田兵庫助とその弟与十郎に軍勢を副えて召し寄せ、越前・遠江の軍勢も召し上らせた。京都には、甲斐・朝倉・由宇、二宮の被官どもが大勢いた。

 勘解由小路の館にはあちこちに櫓をあげ、掻楯(かいだて。垣楯とも。敵の矢を防ぐために楯を垣のように立て並べたもの)を用意して待ち受けた。

 人々は「建武以来、都でこのようなことは無かった」と言い合い、やがて、敵でも味方でもなく、用心のために国元や所領から軍勢を召し上らせた。

 その時、山名の被官の垣屋、太田垣ら十三人が、連判状で諌めた。

「およそこのたびの武衛の一件は御立腹されるのも当然のことと存じたてまつります。しかしながら、義廉は内輪での昵懇であり、上意は主君の恩道です。前漢の王陵は母の死を顧みず、樊(はんかい)は老母を捨てて高祖に忠を立てたとうけたまわっております。それなのに、今さら公儀に背いて私縁を専らにされるのはいかがでしょうか。

聖徳太子の憲法の書に、『君をば天とし、臣をば地とす。地、天を覆さんと欲さば、すなわち壊に至る』とありますから、上意に背かれれば御家の瑕瑾となりましょう。これについて、この家から公方(足利義政)の元へ上臈を一人参らせることになっていますから、例の、武衛(斯波義廉)に約束した御料人を上臈として公方の元に入れ参らせてください。もしこれを御承引いただけず合戦されるのなら、我ら一同は出家入道して、今日から高野山小川寺に隠棲つかまつります。」

 このように、心から諌めたのは奇特なことであった。

 写真は、「山名宗全邸宅跡」の碑(京都市上京区堀川通上立売下ル西入・山名町)

 山名入道はこの諌言を聞くと、連判状を投げ捨てて言った。

「おのおのの忠言は、悪しき道によって道を沙汰しているようなものだ。そのような沙汰は、この入道の預かり知らないところである。『川上が濁れば、下流も澄むことはない。政道が混乱すれば、すなわち民は安からず』という。入道が馳せ向かい、この謀計をめぐらす奴ばらを討って無念を晴らしてくれよう。

たとえ入道が公方に多少の無礼に及んだとて、それについて気に病むことはない。嘉吉年中、赤松満祐が若輩でありながら普光院殿(足利義教)を討ち奉った。その時、細川讃岐守(成之)、六角(高頼)、武田(信賢)らが雲霞のごとく播州に馳せ向かったが、蟹坂の合戦で赤松に逆に攻められ、人丸塚に退いて、対陣して日を送ることになった。そこに、この入道が但馬口から攻め入り、満祐の立て籠もる木山の城を攻め落とした。将軍家の親の敵(かたき)の首を取ったのはこのわしだから、少々の我意は許してくださるに違いない。

六七年して、満祐の弟の彦五郎(赤松則尚)を召し出して播州へ入れられたが、入道がおのおのを引率して播州へ下向し、彦五郎に切腹させたではないか。礼記に「父の讐(あだ)は共に天を戴かず」とあるのだから、いかなる田夫野人の身であろうとも親の敵には遺恨を含む習いである。亡父の仇敵、幽魂の鬱憤を知らない公方ならば、わしが上意に背いても、各々は身を慎んで出頭衆を頼んで贔屓してもらえばよい。高野山小川寺に隠棲することはない。」

 こう言うと、座敷から立って障子を音高く閉めて、部屋の中から大声でののしった。

「およそ大名の身において不義不忠があれば、管領に仰せ出され、諸大名と評定して、その過失に応じて出仕を停止するか許すかを決めるものであろう。伊勢守(伊勢貞親)の計らいで三識の家をこのように意のままにし、まず畠山の家に口を出し、また武衛家(斯波家)を乱そうとする。彼が何かを念ずれば、今日は義廉の身の上、明日は我らの子孫を意のままにすることであろう。おのおのは残られよ。入道は一人で義廉の館に入り、一緒に腹を切ろう。」

 このように怒られたので、被官どもは、

「『父もし子の諌を聞かざれば、すなわち語を易(か)えて父に従い、君もし臣の諌を用いざれば、すなわち口を箝(かん)して君に従う』というから、どうして御意に背けようか」と出陣の用意をし、公方の軍勢がうち立ったらただちに武衛の館に馳せ入ろうということになった。

 山名の一族や土岐、一色、六角もひしめき騒ぎ、天下の騒動は限りなかった。

 そのような時に、落書があった。

義敏は二見の浦の海士(あま)なれや 伊勢のわかめを頼む計(ばかり)
空蝉のうつつなき世に出すとも (以下、読めないので省略。わかる方、教えてください。)
世の中は皆歌読みに業平の伊勢物語せぬ人ぞなき

 こうして山名入道の思い通りに、二三十日して義廉は赦免されて出仕を遂げられた。その時の馬上の供は、先陣は甲斐(常治)、後陣は朝倉(孝景)であった。

 また落書があった。

組み置きし竹の力のつよければ 張りすましたるしぶかはこかな



戻る

次へ

インデックスへ戻る