応仁記7

− 武衛家騒動の事・その3 − 

 誰が言い出したのか、「今出川殿(足利義視)が義廉を贔屓されたのが原因でこの乱が起きた」と言われたため、公方様(足利義政)は(今出川殿を)御義絶されたようになってしまった。(注:これは、伊勢貞親と季瓊真蘂が足利義視を失脚させるために讒言したものである。結果的にこれが細川勝元や山名持豊を怒らせ、以下にあるように伊勢貞親と季瓊真蘂の失脚につながった。)

 それで今出川殿は、勝元の館に忍んでお成りになった。御供は、一色伊予守範直と同九郎親元の二名だけであった。

 やがて、「伊勢守貞親と蔭凉軒が天下を乱したため、『処罰する』との上意があった。山名方から討手がつかわされる」という知らせが入ったため、同六日、蔭凉軒(季瓊真蘂)と貞親・同備前守は、新造を連れて近江路をさして落ちて行った。有馬治部少輔入道も、貞親との日頃のつきあいのために同道したという。

 同じ日、義敏も北国へ落ちて行った。

 同九日、山名とそれに同心する大名が連判して貞親の不義について訴え申し上げたので、貞親を追放するとの御教書を出された。

 山名入道は、赤松次郎法師(政則)の出世は蔭凉軒が世話したためであるということで、蔭凉軒を死罪にすることも特に申し上げた。これも御教書が出されたが、貞親も蔭凉軒もそれより前に落ちてしまった。

 貞親の後任は、兵庫頭(伊勢貞宗)がたまわることになった。

 同十一日、室町殿から今出川殿に、日野内府を御使者として、「少しも意趣は無い。このうえは、早く戻るように」との御自筆の書状があり、「それでも不満があるなら、申すように」と伝えられた。

 少しも同意できずにいたが、そこに一色伊予守(範直)が進み出て、「御自筆の書状でございます。等持院殿(足利尊氏)以来、御自筆の御告文とは承ったことがありません。このうえは、還御されないのもよくないでしょう」と申し上げたので、義視公も同意された。内府も勝元も、伊予守に感心された。

 こうして還御された。右京大夫勝元が守護されたので、人々の耳目を驚かせた。



戻る

次へ

インデックスへ戻る