応仁記8

− 畠山の事・その1 − 

 こうして洛中は静謐となり、何事も起こらないだろうと思われたところ、また、畠山政長の従弟で、御勘気をこうむって長いあいだ籠居していた義就が、山名入道の計らいで赦免されて上洛した。

 これは、政長と勝元が一味だったので、山名は義就を取り立てて政長を追放する計画をめぐらし、その次に勝元をも滅ぼそうとのはかりごとであった。

 この畠山右衛門佐義就は徳本入道(持国)の総領であったが、去る享徳の頃、身の行いが悪く、天魔波旬の業であろうか、遊佐、神保を初めとする被官どもが背き、義就を捨てて政長に付いて、尾張殿(政長)を総領にして欲しいと言うようになった。この趣きが上聞に達し、公方様も殿中で我意が多いと感じており義就に御勘気があったため、すぐに御同意された。

 上意が良くなかったので、義就は京都に留まりかねて、若気の至りで伊賀国に下向した。

 父の左衛門督入道徳本(持国)はその頃病気で、建仁寺の西来院が徳本の塔頭だったのでその寺に隠居されていたが、尾張守(政長)は上意を受けて、叔父の徳本に相談して家督相続のことを請うために、畠山阿波守入道を迎えに遣わした。

 ところが、徳本は京を出てしまった。これは、病気のためという事であった。

 一族で西方という者がいたが、出京されることになったことを口惜しく思い、父子七人が残って、一つ枕に腹を切った。辞世の歌を連ね、義就の元に送った。

 かばねをば 東の山に残せども 名は西方に有明の月

 その後、「義就と政長は和談するように」との上意で間もなく上洛したが、(義就は)再び上意に逆らって河内国に下向し、若江の城に入った。

 そこで、政長が御下知をこうむり、近国の軍勢を催して立田へ下向した。



戻る

次へ

インデックスへ戻る