応仁記9

− 畠山の事・その2 − 

 政長が小勢であることを義就が聞いて、遊佐河内守国助、誉田三河守、同遠江守を初めとして、猛勢で押しかけた。

 政長方では、御下知を聞きながら近国の軍勢がまだ集まらず、京の軍勢もまだ着陣しておらず、わずかな小勢であった。ひとたまりもない様子で、「どうなることか」と人々は思っていたが、政長は龍田明神の宝前に祈念して少しも騒がなかった。

 寄せ手(畠山義就方)の遊佐の配下に、新参の馬場という者がいた。多くの軍勢を持っていたので、これに先陣を申し付けた。

 中村というひとかどの者がいたが、義就が出陣していたので、国の守護代の下知であろうか若江に残し置いてあった。そこで、岡部という者が先陣しようとして、新参の馬場に、「ふだんの公務ならともかく、合戦の先陣をうけたまわるとは口惜しい事」と、言った。

 思ったとおり(馬場は)進まずにもたもたしていたので、岡部弥六と弥八の二騎が馬場の控えている前を通り、「先陣は大事のものぞ。これを見よ」と呼ばわって、鳥居の前で数刻戦って兄弟一緒に討死した。これを見て(義就方は)崩れ立ち、誉田三河守、同遠江守も討死した。遊佐も、誉田二人の討死を聞いて取って返し、これも討死した。

 義就は「若江城で自害しよう」と仰せになったが、諌められて、わずか百人あまりで金剛山の麓の嵩山に籠もった。そして、金胎寺、寛弘寺、観真寺、観正寺、国見山など、ここかしこの外城を構えた。

 公方勢は、広川というところに陣を取った。尾張守(畠山政長)は、義就の相手なので、もちろん陣に加わった。

 総大将の管領代細川讃岐守成之を初め、同兵部少輔勝久、同淡路守成春、同阿波守勝信、同刑部少輔勝吉、山名弾正忠是豊、武田大夫信賢、弟治部少輔国信、鵜飼、望月、関、ならびに伊勢国司の軍勢も打ち立たれた。

 我も我もと毎日攻め戦ったが、中でも山名弾正是豊(持豊 (宗全) の子)は、備後の勢を率いて七度攻め上って七度切り崩された。七度目には城中もうんざりしていたため、義就自信が太刀を取って討って出て崩した。こうして日も暮れたので、本陣に戻った。

 その後、義就は力尽きたのか、嶽山を退いて芳野の奥へ引き籠もった。小倉の王子が執政の王子を恐れて芳野山に籠もったのとは異なるが、これも上意を恐れてのことで、末頼もしく思われた。



戻る

次へ

インデックスへ戻る