応仁記10

− 畠山の事・その3 − 


 そうしたところ、山名入道(持豊)は嶽山合戦での義就の戦いぶりを伝え聞いて涙を流し、「弓矢を取って当代比類が無い。不憫なことである」と、お思いになった。最初はもっぱらこの入道が強く主張したために家がこのようになってしまったのに、分別も無く、「今の世に、これほどの弓矢取りはいない。入道とこの人(義就)が手を組めば、洛中には相手になる者はおるまい」と、お考えになった。

 義就もこのたび諸家を敵にまわしてみて、「山名ほどの兵(つわもの)はいない。あっぱれな兵(つわもの)である。自分がこれと手を組めば、誰も手を出せまい」と、山名と手を組むことを願った。

 ちょうど内通でもあったのか、日野内府や北小路殿に頼み、御台にも時々申し上げたが、公家衆などに頼むばかりで上洛できそうになかった。

 山名金吾(持豊)は、「このたび、武衛(斯波家)の一件で上意に背いてしまったが、勝元は敵とはいえ婿である。義廉も婿である。一色修理大夫は孫婿である。土岐美濃守も一味である。その他には、相手になりそうな者はいない。義就をこちらの味方に付ければ、政長一人ぐらいはどうにでもなろう」と、思い立った。

 姉の比丘尼安清院を毎日御台の元に通わせ、「畠山義就が流浪することになったのは、どんな不忠があってのことでしょうか。退いて身を山林に隠し、御赦免を待っていることでしょう。赦免してすぐにお召しになれば、将来若君の御守護となりましょう」と、訴えた。

 畠山義就は、武衛(斯波家)の騒動に機を得たのか、文正元年(1466)九月上旬、熊野北山を発って河内に入国した。政長の守護代遊佐河内守長直に、「防ぐように」との下知が下った。

 長直は軍勢四五千ほどで若江の城を固く守り、大堀を二重三重に掘って兵糧や矢楯を山のように準備したが、一戦もしないうちに追い落とされ、長直の舅の、奈良の筒井の法橋の元に落ちて行った。

 そこで義就は何の抵抗も受けずに河内に入国し、家来の国助の子息を元服させて遊佐河内守と称させた。



戻る

次へ

インデックスへ戻る