応仁記12

− 義就・政長闘乱の事 − 


 これを聞いて、右衛門佐義就はおおいに喜んで言った。

「政長が既に御勘気をこうむったうえは、一日の間も在洛することはできないだろう。彼の館は我らの館だから、すぐに移ろう。もしも今夕、忍んで館にいたとしても、御勘当の身だからまさか否(いな)とは言えまい。義就が馳せ向かって政長を追い落としてこそ、積年の鬱憤を晴らすことができよう。面々、いかが思うか。」

 遊佐、誉田、隅屋、甲斐庄も、「ごもっとも」と申し上げた。

 一方、政長の執事、神保宗右衛門尉長誠はこれを聞いて、「こちらから佐殿(畠山義就)の御在所に押しかけて今度の恨みを晴らそうとしていたところに、館を受け取るために軍勢を遣わすとは幸いなこと。それならそれがしも館の近所に移ろう」と言うと、二条京極の屋敷から館の前の仏陀寺に入り、屋形(畠山政長)と一緒に立て籠もって、櫓・掻楯を挙げ、外堀・内堀を掘りまわして準備した。

 政長も名大将である。ことに勝元が贔屓にしていたので、義就も気後れしたのか長詮議に日を送って正月も中旬になった。

 正月十五日、山名家で椀飯が嘉例のごとく行われた。それが終わっても誰も退出せず、一味同心昵懇の大名どもを招き集めて、まず今出川殿(足利義視の館)に参上し、「急いで室町の御所に御成りになってください」と、勧め申し上げた。そこで、取るものも取りあえず御成りになった。

 山名に同心の人々は、吉良左京大夫義勝、斯波左兵衛佐義廉、畠山右衛門佐義就、同左衛門佐義統、同宮内大輔教国、同左馬助政栄、右馬頭政純、同中務少輔政光、同播磨守教光、一色左京大夫義直、同兵部少輔義遠、同五郎政氏、同左馬助政兼、同治部少輔政熈、同民部少輔吉原蔵人、同下山刑部大輔貫益、同民部少輔教長、仁木右馬助教将、土岐美濃守成頼、赤松伊豆守(貞村)の子息千代寿丸、佐々木六角亀寿丸、同山内宮内大輔政綱、富樫幸千代丸、同又次郎家延を初めとして、山名入道嫡孫少弼政豊、同兵部大輔政清、同相模守教之、摂津守永椿、同五郎左馬助豊光、五郎宗幸、宮田民部少輔教実、宮内少輔豊之、上総七郎政之、以上一味の大名三十人余りが花の御所を取り囲んで訴えて申し上げた。

「畠山義就が御赦免をこうむってまかり上り、万里小路の館へ移ろうとしたところ、細川勝元が政長を許して助力し、世を乱しております。上意に背き、反逆の元です。上使を立ててその子細を尋ね、政長への助力を止めさせてください。世上の騒ぎを静めていただきたい。」

 「それはもっともである」と仰せになり、やがて上使を立てたが、勝元はまったく承伏しなかった。「御返事をこれから言上します」と言って、御使者を帰された。

 こうして、花の御所では、「細川方から寄せて来る」と、見廻りや夜廻りに余念がなかった。

 細川方では、「御所から討手が来る」と、人々を持ち場につかせた。

 勝元の元に馳せ集まった大名は、吉良右兵衛佐義直、同上総介義富、赤松次郎入道政則、同貞祐、同道祖松丸、山名弾正忠是豊、これは、金吾(山名持豊)の弟で、故民部大夫の養子である。養父が普光院殿(足利義教)の御供で赤松に討たれた時、勝元の計らいで是豊にその跡を相続させた。そのことを思い、一家を離れて細川方に馳せ参じたのである。

 そのほか、佐々木京極入道正観、同中務少輔勝秀、同京極四郎政信、武田大膳大夫信賢、同治部少輔国信、富樫鶴童丸。細川一門には、讃岐守成之、兵部大輔勝久、右馬頭入道道賢、中務少輔政国、民部少輔教春、淡路守成春、阿波守勝信、刑部少輔勝吉、仁木兵部少輔成長、同土橋四郎政永。

 これらの人々が館の中で、半蔀(はじとみ)・遣戸(やりど)を取り払い、上土門(あげつちもん)を押し開いて、勝元の猶子六郎殿を大将と仰ぎ、庭には一門・他家の人々、ならびに馬廻りの衆が兜の星を輝かし、鎧の袖を揺すって、稲麻竹葦のごとくに五六千人立ち並んだ。

 西大路は、安富民部丞元綱が入江殿の西の釘貫門を閉めて、三千人で堅めた。

 安楽光院は、内藤備前守が兜の緒を締め、三千人余りで馬の腹帯を堅めて、小躍りして控えた。

 山名入道は両御所を守護し奉って殿中にいて、「政長・勝元らを御退治されなければ、天下は静まらないでしょう」としきりに申されたが、御了承の上意は無かった。

 落書があった。

春くれば 又打かへす畠山 なをいさかひの種をまくらん



戻る

次へ

インデックスへ戻る