応仁記13

− 御霊合戦の事・その1 − 


 畠山右衛門佐(義就)は、自分の手勢の手配りをした。

 一陣は誉田、甲斐庄、平、千人余り。入江殿の門の前に西に向かって控えた。一陣は甲斐庄、二陣は遊佐が堅めた。

 諸家の衆では、甲斐(常治)、朝倉(孝景)、垣屋、太田垣らが、一条室町から上は光照院殿まで、わずかな余地も無いほどに充満した。

 将軍家(足利義政)はこの由を聞こし召され、「諸家がこのように集まって贔屓の者に合力しようとすれば、天下は安穏ではなくなるであろう。両畠山のことは、他家が合力せずに双方だけで勝負を決すべきである」と、仰せになった。

 山名はこれをうけたまわって、四日間にわたって訴え申し上げたがその甲斐は無かった。「『手出しするな』とは」と、愁嘆された。

 義就はそれを聞くと、「御下知の趣は、願ってもないこと。単身で勝負を決するのは累年の本望です。明日、手勢だけで政長の宿所の春日万里小路へ押し寄せ、勝負を決します。剛臆のほど、御見物そうらえ」と、申された。

 また、勝元の元にも伊勢備中守と飯尾下総守を遣わされて、「今回、一方に合力することがあれば、御敵とするであろう」と、御内書を送った。ところが、なおも御承知されなかった。

 今出川殿(足利義視)が細川民部少輔教春を召されて、「政長と義絶するように」と再三仰せ含められた。教春はかしこまって、「上意の趣きはきっと伝えましょう。もしも入れられない時は、身の進退を考えることにします」と、申し上げた。

 教春は、戻って勝元に申し含めた。

 勝元は君臣の道を乱さない人である。そのうえ、教春が伯父の入道道賢と一緒にしきりに言ったので、どんな深い思慮があってか、「合力しないことにする」と、同意された。

御霊合戦関連地図 これを伝え聞いて、神保宗右衛門尉が政長に言った。

「このたびは義就方と戦うことになりましたが、約束なので勝元が合力してくれて、京極方も味方してくれるだろうと思っていました。しかし、京兆(細川右京大夫勝元)は当方に合力しないとうけたまわりました。敵は諸家が味方して室町殿(花の御所)にいますから、いかに上意とはいえ密かに加勢することでしょう。そうすれば、館は遮るものも無い平地なので、猛勢を引き受けての合戦は難しく存じます。

『攻めるのも退くのも場合による』と申します。ここを捨てて上御霊(御霊神社)へ上って、薮を楯にして戦えば、しばらくは支えられるでしょう。もしも難儀に及んでも、京兆(細川勝元)の矢倉の前なので、むげに討死するのを御覧になるとも思えません。また、それがしは安富民部丞(元綱)と若年の頃から親しくしていますから、京兆が上意を重んじて加勢してくれなくても、民部はよもや見捨てないでしょう。

公方は敵方に取り籠められましたが禁中は何の備えもしていないでしょうから、もしもかなわない時は内裏に乱入して院の御所で合戦すれば、当方一味の人々も、やがてはみな参られるでしょう。面々の意見もお聞きください。」

 政長も「もっとも」と感心し、館に火をかけて、遊佐(長直)、神保(長誠)を率いて出発した。南都の成真院光宣も馳せ参じた。その他、葉室権大納言殿教忠卿もかねてから政長と約束していたので、かなわない時に院の御所に入るための謀(はかりごと)をめぐらせられるようにと、引き具し申し上げた。






戻る

次へ

インデックスへ戻る