応仁記14

− 御霊合戦の事・その2 − 



御霊神社 正月十七日夜、(畠山政長は)御霊の森に引き籠もった。

 写真は、御霊神社。祭神として、崇道天皇(早良親王)、吉備真備を初め十三柱の神霊を祀る。延暦十三年(794)、平安京遷都の際、桓武天皇の勅願によって王城守護の神として、奈良・平安時代初期に不運のうちに薨じた八柱の神霊をここに祀った。鳥居の脇に、「応仁の乱勃発地」の碑がある。当時は、この神社の南側(写真の右手)に森があり、「御霊の森」と呼ばれていた。

 政長は何を思ったか(鴨川の)東河原にまわって上られたが、諸軍の兵は落ちて行くものと勘違いして、ちりじりになって落ちてしまった。義を金石に比して御霊に籠もった兵は、二千にも満たなかった。

 金吾(山名持豊)はおおいに驚き、「この人々が内裏に乱れ入るようなことになれば大変なことになる」と、この旨を上聞に達し、室町殿へ行幸・御幸していただけるように伝奏を通して奏聞した。そこで、主上と上皇は、三種の神器を先に立てて急いで花の御所に行幸された。供奉の公卿は皆、「遅れまい」と馳せ集まった。門外や庭上に、下部(しもべ)や軍兵どもに交ざってきらびやかな人々が満ちあふれた。

 義就は勝ちに乗じて逃げるのを追おうと、明くる十八日の早朝、御霊に押し寄せた。この御霊の森は、南は相国寺の薮や大堀があり、西は細い川が流れる要害だったので、北と東から攻め入った。

 義就方の遊佐河内守(国助)が馬から飛び降りて真っ先に進んで攻めかかると、兵どもも馬を一斉に乗り放して先を争って攻め入った。そしてただちに、鳥居の脇の唱門士村に火を懸けた。ちょうどその時、愛宕山から吹く風で、雪が煙とともに寄せ手の目や口に吹き込み、寄せ手は進退に戸惑ってたち迷った。

 その様子を森の中から見すまし、その頃無双の弓の達者、竹田与二を初めとする者たちが、矢尻を揃えて射倒した。その矢に、義就方の先手の大将、河内国の住人文徳天皇の末葉と名乗る坂戸源氏閑井を初めとして、先手は皆射落とされてしまい、遊佐の手勢も六百人あまりが手負いとなった。薮の中から散々に射られて、楯も物の具も役に立たなかった。

 中でも、薄化粧にお歯黒の十三四ほどの小児が、花やかな具足に袴(はかま)の裾を高く上げ、金作りの小太刀を抜いて軍兵どもの先に立って進み、「政長の味方で志ある人は出合いたまえ。打ち物してみせ申さん」と呼びかけて出るところを、薮の中から射る矢に胸板を射通されて倒れたのは哀れであった。郎党とおぼしき者が、死骸を楯に乗せて帰って行った。

 京中の者で、巷に立って合戦の見物をしていた者が言うには、「楠の末葉で、和田、隅屋、甲斐庄という三人の者が河内にいるが、あの小児は隅屋の二郎という者の子だ。彼の父は先年の嶽山合戦の際、義就の鷹が繁みに入って見えなくなってしまった時、敵の陣中にいるというのを聞いて花やかないでたちで政長の陣中の広門という所に行き、つかまえて帰って来て名を上げた剛臆の者だ。子は父の業を継ぐとは、このようなことを申すのであろう」ということであった。おのおの唇を湿らせ、感嘆しない者はいなかった。

 こうして朝倉孝景が日の旗を差し、新手となって入れ替わった。

 政長は小勢とはいえ思いを決していたので、卯の刻から夕暮れになるまで、常に寄せ手を押し戻した。

 山名政豊(持豊の孫で、教豊の子)が入れ替わって攻めたが、結局攻めあぐねてみえた。

 夜に入って、寄せ手も政長方も、たがいに「夜の合戦はできない」と退き、対陣して人馬の息を休ませた。

 



戻る

次へ

インデックスへ戻る