応仁記15

− 御霊合戦の事・その3 − 



 神保宗右衛門尉(長誠。畠山政長の執事)が安富民部元綱(細川勝元の執事)の元へ使者を遣わし、

「今日の合戦に戦い疲れました。『合力することは、諸家おのおの停止するように』との上意のため、是非無き次第です。しかしながら、樽を一荷いただけないでしょうか。政長に献じて最後の酒宴をつかまつり、一緒に腹を切ろうと思います。また、今朝、矢を運んでいた人夫が河原から落ち失せて着陣しなかったので、木鋒(きぼう。 やじりの一種。木や竹で作り、楯などを射割るのに用いる)を少しいただけないでしょうか」と、申し送った。

 勝元はこれを聞いて、日頃の盟は浅くはなく、上意があったとはいえ合力しないわけにはいかないところであった。しかし、勝元は無双の知恵者で謀(はかりごと)のある大将だったので、

「この合戦だけで政長の運を開くのは難しい。敵は公方(足利義政)も今出川殿(足利義視)も取り籠め奉っており、諸家もおのずと一味のようになっている。あまつさえ、禁裏仙洞(天皇と上皇)まで取り奉っている。たとえ勝元が一人で合力したとしても、結局はかなうまい。まずこのたびは自害したふりをして敵に利があるように思わせ、その後、油断した頃に討って出て公方様を取り奉り、味方の一族を催して御所を守護し、敵を君の御敵のようにして御教書を申し下し、山名・義就らを退治しよう」と思案した。

 「政長と神保もこのくらいの思慮はあるだろう」と思し召して、返事はせずに鏑(かぶら。鏑矢の先端につける物。射ると音響を発して飛ぶ。合戦の初めの矢合わせなどに使われる)を一つ、使者に渡された。

御霊神社拝殿 政長も諸卒もその意味がわかったのか、にわかに敵の死骸を御霊の拝殿に集め、火をかけて、相国寺の薮を通って行方知れずに落ちて行った。

 写真は、御霊神社の拝殿。

 さて、義就の士卒はみな疲れて、諸家からの加勢も加わって一・二万人で篝火を焚いて夜を明かした。そこに、敵陣から火が燃え上がったので、勝ちに乗って「あますな、もらすな」と喚き叫んで攻め寄せた。しかし、火勢が強かったので、みな退いた。

 焼け失せたあとに拝殿を見ると焼けた死骸がたくさんあったので、「政長もこの中におわすであろう。政長は終日拝殿で下知されているのを見た」と、口々に言った。

 「昨日今日まで管領として人に恐れられ、多くの晴儀を勤仕しておおいに誉めらたのに、今、このように滅んでしまわれたのは本当にいたわしい。また、言う甲斐無きは勝元の働き。危うきに至って助けるのが兵の法である。たとえ会ったことのない者であっても、頼まれたら、これほど冷たくあしらって合力しないということはない。まして、多年の結盟の仲ではないか。自分の館に放火して、頼ろうとして来た人を目の前で攻め殺されて、よくも我慢したものだ。昔も今も、こんなことは聞いたことがない」と、人々は侮って言い合った。

 後のことを見ずに、人々がこのように思ったのも無理のないことである。

 落書があった。

ふる具足 五両まてきて 尾張殿 細川きれを頼むはかなさ
細川の水無瀬を知らて たのみきて  畠山田は焼けそ失せぬる
無性なる竹を頼て尾張籠 くむより早く ふちそはなるる

 偏った見方をする人はこのように言ったが、勝元をかっている人もいて、次のように言っていた。

「本当の忠臣とはこのようなものだ。弓矢の瑕瑾や無念さを思えば尾州(尾張守政長)に合力すべきところだが、それぞれ連絡が取れず、思いもよらず公方の御敵になってしまうことを恐れて、公私の御大事となるべきところを恥辱に替えて我慢された。勢いも謀(はかりごと)もどうして劣っていようか。彼は、代々名のある人の末裔である。」

 このように、先祖の頼之のことまで出して誉めたてまつった。

 こうして政長は行方知れずとなり、山名も義就も、「天下は既に何事もなくなった」と泰平を謳歌し、喜悦の眉を開いて、「このうえは、もう何事もなかろう」と、諸軍勢に暇を申し渡して国元へ帰した。

 このたび在京して困窮していた兵どもは、白雁が籠を出、泥魚が水を得たような心地がして、千秋万楽と太平楽を歌ってそれぞれの国へ下って行った。

 同二十日に主上が還幸されると仰せ出され、主上、一院、女院や宮たちも室町殿から内裏へ還幸された。

 去る十八日の行幸の儀式とはうって変わり今出川殿(足利義視)も供奉されたため、大名が多数付き添い、警蹕(けいひつ。貴人が通る時、声をかけてまわりをいましめ、先払いをすること。下を向いて、「おお」「しし」「おし」「おしおし」などと言う)の声をあげて前後を払い、おごそかなことであった。



戻る

次へ
次から巻第二

インデックスへ戻る