応仁記16

− 勝元方蜂起の事・その1 − 



 洛中が静謐となり、そうでなくても奢侈をきわめた山名・畠山方であったので、今後は相手になるような大名は有るまいと、明けても暮れても酒宴、猿楽、田楽を催して日を送り、世を世とも思わず、天下に並ぶ者もないありさまだった。

 やがて三月三日になったので、山名父子(持豊・教豊)、同相州(教之)、同因幡守護(勝豊)、同美作大夫(教清)、斯波右兵衛佐義廉、畠山右衛門佐義就、同能登守護(義統)、一色左京大夫(義直)、土岐左京大夫成頼、佐々木六角四郎高頼らが、美麗を尽くして出仕を遂げられた。これらは皆、山名一揆の人々である。

 花の御所で御礼を終えると、すぐに今出川殿に参上した。その距離わずかに三町ほどだったので、乗物には乗らず、みな徒歩であった。

 その行列のありさまは、善を尽くし美を尽くし、花を折って出立した。太刀や刀は、金銀珠玉で飾りたててあった。さながら、崑崙山に桃花を散らすかのようであった。

 このように綺麗によそおい贅美を尽くしたいでたちの人が上下三千人である。その費用は、天下の大半を蕩尽したのではないかと思われるほどであった。



戻る

次へ

インデックスへ戻る