応仁記17

− 勝元方蜂起の事・その2 − 



 ところが、細川方と京極方は一人も出仕せず、日夜会合して内談評定を続けていた。

 勝元の伯父、右馬頭入道(持賢)が勝元に向かって言われた。

「去る正月に恥辱を受けて人々に嘲られたことは、どのようにお思いか。いつか会稽の恥をそそがずにはおけない。人々の覚悟は、まことに情けない」

 このように、悲涙をこらえて言われたので、香河、内藤、安富、薬師寺、秋庭以下も「もっともなこと」と同意した。

 勝元は愁いの涙を流しながら、

「去年の春は、政長に合力しなかった。当家は今まで一度も公方(将軍)の御敵となったことはなく、かの人々が疎まれたからといって、この代において心ならず御敵となってしまえば口惜しいことだ」と、仰せになった。

 この右馬頭(細川持賢)は、以前尾張守(畠山政長)に合力することを涙を流しながら押し止め、今度はまた涙を流しながら勧めたので、人々は上下の無い(腰のすわらないという意味?)人と言った。

 人々は、「四足門(しそくもん)の前は一色京兆(義直)の屋敷なので、実相院殿御倉の正実のところにこちらが陣を取って、赤松伊豆守(貞村)の館と讃岐守(細川成之)の館を一つににして支えれば、左京大夫(一色義直)の館は西陣と隔てられてこらえられないだろう。しかし、山名方でもこのような思慮はしていると思われる。まずは、急いで要害を堅めよう」と言って、人々に掘を掘らせ塀をつくらせ、城を構えた。

 京童たちや山名方の者どもはこれを見て、

「心得難い掘や塀だ。政長が御霊で攻め殺された時ですら合力せず、万人に嘲られた臆病神が、事が終わってから今さら要害を構えて何になるのだ」と、笑いあった。

 山名と勝元は婿と舅だったので、両家は日頃、下々の者まで親しくしていたのに、突然不和になって塀を隔て、門を閉じてしまった。

 何者がしたのか、山名方に矢文が射込まれた。

討てなくば やめや山名の赤入道 手詰めに成れば御所を頼ぬ

(山名持豊(宗全)は、「赤入道」と呼ばれていた。赤ら顔をしていたためという)



戻る

次へ

インデックスへ戻る