応仁記18

− 勝元方蜂起の事・その3 − 



 その後畠山政長は奥州に忍んでいたが、手勢を集めて勝元の元に参上された。遊佐(長直)、神保(長誠)も粉川寺から馳せ参じた。

 勝元はおおいに喜び、軍勢の数を知るためにまず着到(馳せ参じた者の名簿)を付けたところ、摂州、丹州、土佐、讃岐の勝元の手勢のほか、諸国の被官ら馬廻衆、六万余騎。同備中守(成氏)四千余騎。同淡路守(成春)三千余騎、同和泉守護(政有)、二千余騎。同下野守、二千余騎。同右馬頭(持賢)、二千余騎。

 他家の衆では、斯波右兵衛佐義敏、五百余騎。畠山左衛門佐政長、紀伊・河内・越中の軍勢を催して五千余騎。京極大膳大夫持清、出雲・飛騨・江州を率いて一万余騎。赤松次郎政則、播磨・備前・美作の勢五百余騎。富樫介(政親)五百余騎。武田大膳大夫国信、安芸・若狭の勢三千余騎。その他、官軍、公方近習、外様の諸国の同心被官、六万人。都合十六万一千五百余騎となった。

 応仁元年(1467)五月十日、赤松次郎(政則)と播磨衆、牢人どもが播州・備州両国に乱入した。本国だったので、百姓・土民に心を合わせ、難なく両国を手に入れた。美作は、山名修理大夫政清の伯父、掃部頭が在国して堅固に守っていた。ここにも討ち入りたいと思ったが、京都のことが急なので、まずは上洛した。

 伊勢へは、土岐の世保五郎政清が討ち入った。ところが、一色(一色義直。山名方)の被官、石川佐渡守入道道悟とその子蔵人親貞が守護として在国していた。この入道は、先年伊勢志摩の国人どもが京兆(一色義直)に背いた時もたやすく従え、尾張国海東郡波津ヶ崎に牢人一揆が起こった時も従えたほどの兵(つわもの)だったので、まもなく世保を追い出してしまった。そこで伊勢国亀山の関豊前守盛元が世保を婿に取り、悪党を催して攻めたが、石川は事ともせず、城を堅固に守っていた。早く打ち切るようにとの飛脚が往来したので、不本意だったが諦めて上洛した。

 また、尾州・遠州へは義敏の配下の牢人どもが討ち入った。若州へは武田信賢が下向して、齊庄と今富の庄にいた一色衆を追い出した。

 「謀(はかりごと)がもれれば、軍(いくさ)に利無し」という詞もあるので、「敵に先立って実相院を取ろう」と、武田大膳大夫(信賢)に陣取らせた。ここは、勝元の構えの内部に続いていた。一色左京大夫(義直)の屋敷の隣りで、小川の西である。

地図1 小川の向こうは正実坊である。これを一色が構(かまえ。屋形などの防備を固めて砦にしたもの)にしたのを、五月二十四日、大和の成心院が討ち入って、正実坊に陣を取った。

 一色左京大夫(義直)は口惜しく思ったが、かねてから「今度天下の合戦が始まる。相手が(公方の)御敵になるようにせよ」との上意があったので、ここで成心院と戦うわけにはいかなかった。「まずは山名殿と相談して無念を散じよう」と、その夜、山名の元へ出られた。

 しばらくして浄心院がその跡を占拠し、翌朝二十六日、敵味方に分かれて矢軍(やいくさ)が始まった。

 山名方では「実相院殿と正実坊に陣取って、一色の館から花の御所まで一つに保ち続けよう」とかねてから評定していたのに、一色は館を捨てて早々と西陣に退いてしまった。これを詠んだ狂歌があった。

円頓は実相院を持かねて 一色一香恥をこそかけ

 山名金吾も、軍勢の数を知ろうと、着到を付けた。

 まず、山名入道の勢は、但馬・播磨・備後と諸国の被官合わせて三万余騎。同名相州(教之)は、伯耆・備前の五千余騎。因幡守護(勝豊)、三千余騎。同修理大夫、美作・石見の勢を率いて三千余騎。

 他家の人々では、武衛(斯波)義廉が越前・尾張・遠江衆の一万余騎。畠山右衛門佐義就が、大和・河内・熊野の衆を催して七千余騎。同修理大夫義純(義統)が、能登勢を率いて三千余騎。一色左京大夫義直、丹後・伊勢・土佐衆五千余騎。土岐左京大夫成頼、美濃衆八千余騎。六角四郎高頼、近江衆五千余騎。大内新介政弘、周防・長門・豊前・筑前・安芸・石見の勢二万余騎。伊予・河野(教通)、二千余騎。その他、諸国合力一万余騎。都合十一万六千余騎であった。



戻る

次へ

インデックスへ戻る