応仁記20

− 所々合戦の事・その2 − 


地図3 また、廬山寺の南、一条大宮は、細川備中守(成氏)の館である。

 ここに、武衛(斯波)義廉(山名方)を大将として、甲斐(常治)、朝倉(孝景)、織田(敏広)、鹿野らが兵(つわもの)一万余騎で押し寄せた。城内でもかねてから予想していたことだったので、細川讃岐守(成之)、同名淡路・和泉の両守護が、ここを先途と防ぎ戦った。

 寄せ手は、山名相模守(教之)が同名布施左衛門佐を加勢として、新手を入れ替えて攻め戦った。

 城中も戦い疲れ、新手を招き寄せた。そこで、一条大宮の攻め口が難儀に及んでいることを聞いた京極大膳大夫持清(細川方)の一万余騎が、鬨の声をどっとあげて、新手として還橋(戻り橋)を西へ進んだ。

 これを見て、讃岐守(細川成之)、淡路守(細川成春)、和泉の衆は退いて、雲の寺の細川淡路守(成春)の館で休息をとり、しばらく物の具を脱いで渇きを癒そうとした。

 京極衆が勇んで進んで来て、まだ戦いの持ち場を決めていないところに、武衛(斯波義廉)の軍勢の中の朝倉弾正左衛門(孝景)が馬から飛び下り、自ら敵を五六人斬り伏せた。甲斐(常治)、織田(敏広)、瓜生、鹿野らも、敵を三十七人討ち取って追い立てた。

一条戻り橋 京極勢はひとたまりもなく退いて、讃岐守(細川成之)の館へ向かった。戻れと言っても聞こえず、子は親を捨て、郎従は主人を見失って、還橋(戻橋)は狭く危ないのにもかかわらず、一斉に橋を渡ろうとした。

 人馬もろとも橋の上から落ちる音が山の崩れるように聞こえたので、雲の寺で休んでいた兵どもはこれに驚いて、「これは何事。きたなし、返せ」と叫んだ。しかし、(京極勢は)前に難所があるのも顧みずに逃げて岸や橋から落ち、川は埋まって平地のようになってしまった。

 写真は、戻橋(もどりばし)。堀川の一条通にかかる橋で、この世とあの世の接点がこの橋にあるといわれる。延喜十八年(918)文章博士の三善清行が亡くなった際、子の浄蔵がこの橋の上で柩(ひつぎ)にすがって嘆き悲しみ、神仏に祈願したところ、父清行が一時蘇生して言葉を交わすことができたという。また、渡辺綱がこの橋の東詰で鬼女に出会い、その片腕を切り落とした話など、さまざまな伝説の舞台となっている橋である。

 山名金吾(持豊)は太田垣の負け戦に気がふさがっていた。そこに、朝倉(孝景)の働きを見た右衛門佐義就(畠山義就)が、「比類の無い功名です。馬から飛び降り、打ち物を取って戦ったのは見事でした」と言われたので、山名入道はおおいに喜び、(朝倉孝景に)着替えの具足と馬・太刀を下さった。


戻る

次へ

インデックスへ戻る