応仁記21

− 一条大宮猪熊合戦の事・その1 − 


 一条大宮の細川備中守(成氏)は昼夜四日間にわたる合戦で過半が討たれたが、二千人余りが残っていた。それらの兵どもが、四方から攻め入る敵を斬って追い出し、館の中に引き籠もった。この強卒どもは、骨が粉になるともひるまないように見えた。

 そこに、赤松次郎入道政則が三百人余りの勢で馳せ向かい、

「備中守が無碍に攻め殺されるのを見るのは恥辱ではないか。いざ、備中守と討死して冥途を訪れよう。赤松という剛の者が、合力するぞ。正親町へ折れ下り、猪熊を上へ馳せ向かえ。進めや、城中の兵(つわもの)」と、大音声を揚げて攻め上った。

 一条の大宮猪熊は四方とも人家の軒端が重なり、細い路地だったので、武衛方(斯波義廉方 (山名方) の甲斐(常治)、朝倉(孝景)、瓜生の軍兵は戦い疲れ、新手にまくり立てられて、廬山寺の西まで引き退いた。

 そこには山名相模守(教之)が控えていたので、これが新手となり、入れ替わって戦った。赤松方では、浦上、小寺、依藤がここを先途と戦った。

 中でも、依藤豊後守は弓手(ゆんで。左手)を射られたのにその矢を折って、相模守(山名教之)の一門の山名常陸守とひっ組んで押さえつけ、頚をかき切り、太刀に貫き名乗りをあげたのは、古(いにしえ)の鎌倉権五郎景政にも劣らぬ高名であった。

 相模守(山名教之)の家中に、片山備前守という大力の者がいた。赤松方の明石越前守は、これまた力量のある者である。互いにひっ組んで上になり下になりし、明石が組み勝って、片山の頚を取って立ち上がった。

 そこに、片山の傍輩の山名孫四郎が押し並んで組みついたが、明石はこれを引き寄せて、これも討ち取った。

 この合戦で相模守(山名教之)の一族若党二十人が討たれ、相模守はかなわずに退いた。

 その隙に備中守(成氏)は引き取り、館に火をかけて讃岐守(成之)の館に入った。


戻る

次へ

インデックスへ戻る