応仁記22

− 一条大宮猪熊合戦の事・その2 − 


 備中守(細川成氏)の館が落ちたので、寄せ手は勝ちに乗って讃岐守(細川成之)の館に押し寄せた。この館には、淡路守護、和泉守衆、京極衆が一万人余りで立て籠もっていた。

百万遍知恩寺行願寺(革堂) 寄せ手は雲の寺に火をかけて村雲に押し渡り、百万遍、革堂を焼いて攻め立てた。

 写真左は、百万遍知恩寺。鎌倉時代末の元弘元年(1331)疾病が流行した際、八世善阿空円が後醍醐天皇の命で百万遍の念仏を唱えて効験があったことから「百万遍」の号を受けた。後醍醐天皇が奉納した大念珠を伝えている。応仁の乱の頃は一条通油小路北(上京区元百万遍町)にあったが、寛文二年(1662)現在地(左京区田中門前町)に移転した。

 写真右は、行願寺(革堂)。寛弘元年(1004)、行円上人によって一条小川に創建された。行円上人が常に皮衣をまとって皮聖(かわひじり)と呼ばれたことから革堂(こうどう)と通称されるようになった。行円上人は若い頃は腕利きの猟師であったが、あるとき仕留めた雌鹿から小鹿が産まれるのを見て殺生を悔い、発心して仏門に入って、自らの戒めのために母鹿の革でつくった革衣を着て教えを説きつづけたという。革堂は応仁の乱の後もたびたび災火に遭って寺地を転々とし、宝永五年(1708)の大火の後に現在地(中京区寺町通竹屋町)に移転した。

 この雲の寺の一丈六尺の盧舎那仏、多宝塔、庫裡、方丈、百万遍は仏殿、方丈、革堂、僧坊、冷泉殿が、一度に焼け失せて、仏像経巻はたちまち一時の煙となって立ち上った。この火が燃え移って赤松伊豆守(貞村)の宿所も焼け、備中守の館の火で、平野の神主と山名右衛門佐入道の館も類焼した。

 猛火の中に敵味方の安否を定め、左は右を顧みず、革堂・百万遍の焼ける炎の中に乱れ入り、村雲の川を渡り渡られ、互いに勇気を励まして戦った。

 山名方は、大手の太田垣の構えが焼けたので、芝の薬師で支えた。浄心院と薬師寺与一が火水になれと攻めたが、堅固で破れなかった。

 舟橋も安居院も大宮も、寄せ手はこの一挙に死を軽んじて破ろうとしたが、城中も命を鴻毛より軽んじて防いだ。

 二十六日の寅の刻(午前4時頃)から戦いが始まって、二十七日の酉の終わり(午後7時頃)まで片時も息を継がずに戦った。あまりに疲れ、よろめいて、激しく息をついて堪えた。

 細川兵部大輔勝久・淡路守成春・刑部少輔勝吉の館、仏心寺、窪の寺大舎人など、一宇も残さず焼け落ちた。

 両陣が互いに戦いをやめて、さっと引いて見てみれば、西陣には千本、北野、西京まで、死人と手負いが一面に倒れていた。また東陣も、上は犬馬場西蔵口、下は小川一条まで、足の踏み場も無いほどの手負いと死人であった。

 しかし勝元は、馬廻り衆四五千で花の御所の四足門を固め、殿中を囲んで控えていた。


戻る

次へ

インデックスへ戻る