応仁記23

− 井鳥野合戦の事 − 


 山名方は去年の春の御霊の合戦に勝って太平を謳歌し、勤賞をおこなって軍勢を国に帰していた。在京の兵は小勢だったため、太田垣の宿所を攻め落とされてしまった。無念だったので、日々飛脚を出して、分国の士卒を召し寄せた。

 そこで、大内介政弘の長門・周防・豊前の勢と伊予国の河野四郎(教通)が、(山名方として)三万騎で攻め上った。

 但馬では、垣屋、八木、舁庄など、太田垣の与力や被官が日をおかずに出陣の用意をととのえた。因幡の伊達、波多野、八部、山口、伯耆の小鴨、南條、進、村上、備後の江田、和智、山ノ内、宮の一族などが但馬国に馳せ集まり、六月八日、丹波国に攻め入った。

 丹波守護代の内藤備前守(細川方)がこれを聞き、かねてから予想していたことなので、国境の夜久郷まで出陣した。天を傾けて防戦したが大勢の敵にかなわず、内藤孫四郎貞徳を初めとして、一族若党数十人が討死して打ち散らされた。

 摂津国でこれを防ごうと、時の守護代秋庭備中守元明(細川方)と赤松衆、在田、本郷、永良、下野、宇野、間嶋、栢原、浦上、中村駿河守、依藤、安丸、明石らが馳せ下り、要害を構えて防いだが、小さな堤が洪水で切れるように押し破って通った。

 その際、伊予の河野四郎(教通)が後陣に立ったところに、赤松方が井鳥野で攻めかかって防戦した。(大内の)先陣の間田、陶、杉、内藤、広仲、安富、神代が取って返し、取り囲んで攻めたてた。秋庭は退くことができず、赤松衆も敵に前を塞がれて、心は逸るものの魚住を初めとして軍兵の大半が討死した。残りの兵どもは、播磨国を目指して切り抜けた。三浦、大多和を初めとする人々は、それぞれ城に立て籠もった。摂津の池田は大内方に降った。同国の三宅は、秋庭に恨みがあって返り忠(寝返り)したので、防戦する者もいなくなり、大内は安々と京に上った。


戻る

次へ

インデックスへ戻る