応仁記24

− 焼亡の事 − 


 同六月八日の午の刻頃(正午頃)、中の御門猪熊の一色五郎(政氏)の館に乱妨人が火をかけ、また、近衛の町の神主の屋敷に物取りが火を放った。それと同時に、九か所に火が上がった。

 ちょうど南風が吹いていたため、下は二条、上は御霊辻、西は大舎人、東は室町を境に百町あまり、公家・武家の家三万宇あまりがすべて灰燼となり、荒れ野となってしまった。


戻る

次へ

インデックスへ戻る