応仁記25

− 三宝院を攻め落とす事 − 


 (細川方は)「大内・河野の軍勢が上洛しないうちに武衛(斯波義廉)の構えを攻め落とせば、下京への通路をふさぐことができる。急いで武衛の構えを攻めよ」と、諸勢を分けて攻め立てた。

 細川右馬頭(持賢)、同下野守、武田大膳大夫(信賢)、香川、安富(元綱)が交替で二十日間ほど攻めたが、甲斐(常治)・朝倉(孝景)以下の名将が籠もっていたため、それほどの要害ではなかったが攻め落とすことができなかった。

 七月二十五日、細川衆の能勢源左衛門尉頼弘、同子息弥五郎もここで討死し、赤松の名代の加賀守護代間嶋河内守も、櫓の下まで攻め入ったところで、大石で兜を割られて討死した。

 義廉(斯波義廉)方でも、甲斐左京亮を初めとして屈強の兵が多数討死した。武田略系図

 そうするうちに、間もなく大内(政弘)らが上洛した。

 山名方はおおいに喜び、龍が水を得たかのように気負って、「下京の細川方を追い払い、構えを根城にして細川の陣の東面に攻め上って内裏を警固し、相国寺に陣を取り、御霊口を塞いで敵の通路をふさごう」と、準備した。

 武田大膳大夫(信賢)の舎弟、安芸守基綱が三宝院を固め、内裏の御警固をしていたが、「そこが東陣(細川方)の一の木戸だから」と、右衛門佐義就(畠山義就)、能登の修理大夫(畠山義統)、大内介(政弘)、土岐(成頼)、六角(高頼)、一色(義直)が五万騎余りで三宝院に押し寄せた。

 武田基綱は手勢二千人であったが大力の勇者で、「三宝院の門の片方の扉を開いて、切って入った勢を防ぎ止めよ」と、卯の刻(午前6時頃)から申の終わり(午後5時頃)まで十度以上も敵勢を追い出した。しかし、ほとんどの者が討たれてしまい、基綱一人が踏み止まって防戦した。

 ここに、紀州熊野の侍で野老源三という者がいた。奥三山に隠れ無き大力の剛の者であったが、「ここなる敵一人に多数の味方を討たれ、無念である。それがしが組み留めてみせよう」と言うと、進み寄って太刀の下にすっと寄り、打ち物(武器)をからっと捨てて、手を広げて飛びついた。

 基綱はこれを見て、「これは、鎧・物の具を二両も重ねて着ているからこのようなことをするのであろう。兜を打ち割ってくれよう」と思い、少し飛びのいて、「悪しき敵の振るまいかな。捨て太刀ひとつ、受けてみよ」と言うやいなや、太刀を振り上げて打ち下ろした。

 磐石のごとき三枚重ねの鉄甲をうち破り、その衝撃で、七尺三寸の御所焼の太刀は、はばき(鍔元)から折れてしまった。基綱は武器を失い、牛が猛るかのような声をあげて逃れたが、敢えて追いかける者はいなかった。

 野老源三はうちすえられて、目や口を血まみれにして死んだ。

 こうして三宝院が燃えたので、浄花院に押し寄せて攻め立てた。

 三宝院の東西には、近衛殿から鷹司殿、浄花院、日野殿、東は花山院殿、広橋殿、西園寺殿、転法輪三条殿以下、公家の御所が三十七、武家では、吉良、大館、細川下野守、飯尾肥前守ら、奉行衆の宿所八十か所があったが、九月十三日、一片の煙と焼け上がった。

 細川方の者どもが下京を追い出されて、一条小川から東今出川まで、一条の大路に小屋をかけて住んでいたが、一条殿の火や小笠原の類焼で燃えてしまったのは哀れであった。妻子の手を引き、家財を背負い、方角を失って右往左往するありさまは、哀れというもおろかであった。


戻る

次へ

インデックスへ戻る