応仁記26

− 岩倉合戦の事 − 


 京都がもってのほかに難儀していることを知らせる飛脚が、摂州・播州に櫛の歯を引くように送られた。

 そこで、秋庭備中守元明が、大内が上洛した時に敗北した人々を催し、赤松衆にも知らせた。赤松衆は、このたびの猪取野合戦で大勢が討死し、手負いとなったので、一族を催して静かに上洛しようと言っていた。

 そこに、浦上美作守則宗が、「それがし一人だけでも」と言って出発したので、「それなら出発しよう」と、続いて残らず出発した。その勢は、三千にも満たなかった岩倉合戦地図

 京に入って東寺から大宮を上り、細川讃岐守(成之)の陣に入ろうとして五条まで上ったが、讃州衆はそれを知らなかった。

 山名方が馳せ向かって防戦したので、赤松勢は五条を東に向かって六条河原へ逃れ、谷越えして山科を通り、南禅寺の北の岩倉山に陣を取った。日が暮れて、林の木などを切り大篝(おおかがり)を焚いたので、京中からもその火が見えた。

 明くる八月十八日の早朝から、「これを攻め落とそう」と、山名方の大内衆が南禅寺から攻め上った。

 この城は俄(にわか)づくりで整っておらず、太い木は一本も無かった。四方から攻め寄せて来たら藤木越えで三井寺に逃れようとしていたが、敵が一か所から攻め上って来るのを見て大石を投げかけて防戦した。すると、大内方は崩れて、谷底へ追い落とされた。

 次に、山名衆が粟田口日の岡峠から攻め上った。これも一か所からだったので、大石を崩しかけて退けた。

 三番手として、畠山の遊佐(国助)・誉田が山科から攻め上った。城中では、二度にわたって敵を追い崩して勝ちに乗り、木々の間や岩の陰からさんざんに射かけた。敵を追い落とす様子は、山の紅葉を散らすかのようであった。こうして畠山も引き退いた。

 その後、半刻(1時間)ほどして武衛衆の甲斐(常治)、朝倉(孝景)が如意ヶ岳から下ったが、谷深く隔たっていたため、谷の下に降りたところを石飛礫(つぶて)で追い払った。

 もしもそれぞれの攻め口から同時に攻め上ればたちまち落城したであろうにそうしなかったため、寄せ手は敗れて都を目指して退いた。南禅寺

 その時、洛中の盗賊が南禅寺に火をかけたので、粟田口では花頂青蓮院、北は元応寺岡崎までたちまちに灰燼となってしまった。京中では、戦場になるのを恐れて東山南禅寺に財宝を隠しておいたのに、予期せずこのようなことになってしまったのは浅ましいことであった。

 写真は、南禅寺の方丈。南禅寺は、亀山天皇が文永元年(1264)に母の大宮院の御所として造営した離宮禅林寺殿を、正応四年(1291)に禅寺に改めたのが始まり。建武元年(1334)に五山の第一位となり、至徳三年(元中三年、1386)には五山の上に位置付けられた。写真の大方丈は、慶長十六年(1611)に御所の建築の一部を転用したもので、国宝に指定されている。

 敵がいなくなったので岩倉山の軍勢は勝鬨をあげると、神楽岡を経て御霊口に入り、柳原から参上した。

 赤松次郎(政則)が急いで対面して、「死んだ人が蘇生したのか」と喜び、御感このうえないことであった。


戻る

次へ

インデックスへ戻る