応仁記27

− 室町亭行幸の事・その1 − 


 やがて八月十八日、右京大夫勝元が、香川、安富、秋場らを花の御所の四足門(しそくもん)に呼んで言った。

「方々は、まだ聞いていないか。殿中に伺候している奉公衆の中に、敵方に内通している者がいて、密かにこちらの様子を洩らして策をめぐらしているという確かな情報がある。このことを上聞に達して、その一党を殿中から追い出そうと思う。さもないと、大事になろう。」

 家老たちはおおいに驚き、「評定するのも場合によります。これほど火急のことは、一刻の猶予もできません。急いで追い出しましょう」と言って、軍勢を集めた。

花の御所跡 半時ほどで屈強の武者六千人が馳せ集まり、御所の四方を取り囲んで、出入りする人々を調べ始めた。殿中に出入りする公家、上臈、女房衆、外様の輩も、「何事か」と肝を潰した。

 写真は、「足利将軍室町第址」の碑(上京区今出川通室町)。室町第は相国寺の西側にあり、花が多かったことから「花の御所」と呼ばれた。

 勝元が、民部少輔教春を遣わしてこのことを上聞に達したので、三条大納言公春卿と吉良右兵衛佐義信の両人を通じて、

「このたび殿中に野心の族がいると聞いたが、それは誰か。姓名を記して言上せよ。上意として追い出されるであろう。そうせずに、しきりに清花の賓客や上臈の乗物を軍兵どもが開けて見て、狼藉つかまつるのはやめるように」と、仰せ下された。

 勝元は慎んで畏まり、十八日から二十三日までの間に委細を調べ、五番衆の中の十二人を記して公方へ進献した。順不同で、一色式部少輔、佐々木大原判官、上野刑部少輔、宮下野守、結城下野守、伊勢備中守、荒尾民部少輔、三上三郎、斎藤新兵衛、宮若狭守、斎藤藤五郎、同朋専阿弥である。

 公方はこの書き付けを十二人に見せ、「この上は、しばらく殿中から出て勝元の鬱憤を鎮め、人々の憂いに替わるように。さすれば神妙なことである」と、仰せになった。

 十二人衆は慎んで御下知に従い、「殿中を出る」と御返答申し上げ、その後、御使いの三条殿と吉良殿に、

「山名方を贔屓しているのは我らだけではありません。君が山名方を御贔屓されているので、殿中の面々、奉公衆は、一同、敵方が利を得たことを聞いては喜び、味方の勝ちいくさを聞いては愁えています。誰もがこのようなありさまです。それなのに、我らだけが選び出されて矢面に立つことになったのは不運の至りです。しかし、是非に及ばないことです。急いで四足門に馳せ出て勝元の前で腹を切り、山名に与(くみ)した志を遂げようと思います」と、言った。

 そこで、この由を言上した。

 その間にこの十二人は、手の者や雑人にまで「物の具を付けよ」と言って慌ただしく準備した。

「この人々が死に物狂いで御所の中に切って入れば、御所も安穏ではあるまい」と上を下へと騒いだが、門番が厳しく、出入りが難しかったため、どうしようもない様子であった。


戻る

次へ

インデックスへ戻る