応仁記28

− 室町亭行幸の事・その2 − 


 この日、西陣の敵が内裏に斬り込み君を奪い奉ると言われたため、「内裏仙洞(天皇と上皇)は室町殿に行幸・御幸していただきたい」と、勝元が執奏した。この間、禁中は、吉良左兵衛佐(義直)、同上総介(義富)、赤松伊豆守(貞村)、名越次郎が警固していた。

 御迎えに細川下野守兄弟が参上し、三種の神器を先立てて行幸があった。その後も、内裏の御留守の警固のために吉良の一族と赤松土佐守、同宮内少輔が御門を守備した。

 女官や局、女房たちが興を醒ましてあわてふためき、中御門西園寺殿に京極(持清)が陣を取り、二条烏丸には武田(信賢)が陣を取っていたので、その中に逃げ集まった。

 花の御所では十二人の人々の騒乱があったので、天子仙院(天皇と上皇)の玉輦を総門の外に止め奉った。そのため、午の刻(正午頃)から亥の刻(午後10時頃)まで、供奉の公卿や殿上人、女官らにいたるまで、皆、小路に座り込んで憂いの風情であった。

 その後、十二人の元へ再び使者を立て、上意としてしきりに退出するよう仰せになった。「延引しているのは不届きである」と仰せ付けられたので、十二人の人々は、「御殿に火をかけ、四足門に走り出て、右京大夫(勝元)と太刀打ちして死のう」と考えた。

 その時、三条殿と吉良殿がこの人々に、

「まずは気を鎮めてお聞きなさい。方々は譜代の侍で、鎌倉からの大御所(尊氏)の御供衆です。ですから、かたじけなくも上意はまったく思し召し捨てられているのではなく、まずはいったん御所から出て大夫(勝元)の鬱憤を散らし、その後、だんだんと機会をとらえて召し帰されようとの御了見です。これを我らにひそかに仰せになり、確かにうけたまわりました。それなのに、上意に背いて殿中を穢そうとは、如何なることですか。その身を滅ぼすだけではなく、先祖累代の忠を失ってしまうのは口惜しい次第です。そのうえ、不忠を罪科に処せられ、その身を天下に留められることになったらどうするのですか」と、言葉を尽くして言った。

 「もっとも」と思ったのか、すぐに屈伏して退出されたので、人々は喜悦の眉を開いた。

相国寺総門 この人々が退出するところを討ち取ろうと、勝元衆が一条室町烏丸へ我先にと下った。

 それを聞いて、飯尾下総守(為数)が案内して、鹿苑院の長老が花の御所へ参上する時にお通りになる小門を開いた。人々は相国寺に馳せ入ったので、寺が広くてどこの寺に入ったのかわからなくなり、行方がわからなくなった。

 写真は、相国寺の総門(上京区相国寺門前町)。相国寺は、花の御所の東に隣接する場所につくられた寺である。永徳二年(1382)足利義満が発案し、翌年、寺号を相国承天禅寺と定め、故夢窓疎石を勧請開山として、春屋妙葩を第二世とした。応永六年(1399)には、高さ360尺の七重大塔が完工。足利義満の権勢を象徴する寺であった。禅宗寺院を統括する「僧録」は、相国寺の塔頭、鹿苑院の住持が兼任することになっていた。

 その中で、斎藤藤五郎だけは、前から言い交わしていた女房の局に立ち寄って暇乞いしているうちに時間がたってしまった。他の人々が小門を開いて相国寺に入ったのを知らずに、今出川へ出て伊勢守館の南を東に向かったところ、武者小路烏丸に待ち受けていた勢に取り囲まれて討たれてしまった。

 その日、二十三日の亥の刻(午後10時頃)になって、花の御所に行幸された。この時まで門外に天子の御車を留め奉っていたのは、公方(足利義政)が常に山名方に御心を寄せられているとの風聞があったので、もしも十二人に同心されて一緒に山名方に御出になることになったら、勝元は一院(後花園上皇)と主上(後土御門天皇)を奉じて合戦をしようとのはかりごとであった。しかし、公方様も勝元に同心して十二人を追い出されたので、細川方の喜びは限りなかった。

 その後、殿中で、細川衆が飯尾下総守(為数)を闇討ちして討ち取った。これは、十二人に一味し、手引きして落としたためであると噂された。


戻る

次へ

インデックスへ戻る