応仁記29

− 今出川殿勢州下向の事 − 


 山名方の悪党が洛中に放火し、物取りが入り乱れて洛中を往来したので、敵も味方も小勢では洛中を歩けなかった。

その頃、今出川殿(足利義視)は、五月二十五日から(将軍の足利義政と)御一緒に室町殿に御座されていたが、世上が混沌として見通しが立たなかったため(自分の館に)還御された。

 細川勝元が、「屋形においでください」と言ったので八月二十日に行こうとされたが、京極大膳大夫(持清)の被官の多賀豊後守がそれを止めた。一色伊予守種村入道を通してお尋ねになったところ、「御所様(足利義政)が山名を御贔屓にされているので、この御所にいてほしい(注:「細川方につかないでほしい」という意味)」と言うばかりで、よくわからないままにその日は暮れた。

 二十二日、一色を通して、「ご一緒に参ろうと思っていたのに、止められて延引している」との由を言上されたところ、「心安く思し召しているので、ずっと御所に御座されていてほしい」との御返事であった。

 しかし、「何かと不都合があろう」と思し召されたのか、同二十三日戌の刻(午後8時頃)に御所を出られた。

 まず、北畠中納言教親(木造教親)の陣所、中山殿においでになった。そこから、武者小路を東へ向かい、蛸薬師の辻を一条へ向かわれた。

 富小路の釘貫門は富樫鶴童丸の衆が固めていたが、北畠黄門(木造教親)が烏帽子・直垂の姿で、「これは三条内府が病気で東山におわすが、今出川殿にお尋ねになることがあって参るのである。開けなさい」と仰せになった。しかし、富樫は不審がって開けず、「鍵が無い」と答えた。そこで、教親卿はかねて用意しておいた合鍵でお開けにになって、急いでお通りになり、京極を南へ、近衛を東へ、河原を北へ向かい、坂本まで行かれた。お供は,一色伊予守(範直)、畠山式部少輔、北畠中納言の舎弟心性院、高倉兵衛尉、同朋衆西阿弥だけであった。

 種村播磨守入道、一色九郎、同三郎、矢嶋、那須などが、坂本衆を引き連れて六百人ほどで参上した。坂本の石川次郎の館に入っていただいた。

 京都は乱れていたので、御忍びで御台所(日野富子)が坂本に来られ、お暇乞いの御対面・御一献があった。

 やがて御出立された。下には萌黄の練貫(ねりぬき)、上に褐(かち。毛織物)の御小袖、赤地の短袴(たんこ)。御剣・御腰物は、善包、鬼神大夫、包平、藤四郎、小鍛冶、鳩作等を持たれた(「善包」(よしかね)以下は、刀剣の名前と思われる)

 御舟十二艘で、二十四日の明け方に江州山田の浦にお着きになったが、雑掌の船に鮓という一尺ほどの魚が飛び込んだ。粗忽者がつかまえて海に投げ入れたところ、また鱸が一つ飛び込んだ。

 周の武王が殷の紂王と合戦した際、中流で武王の舟に魚が飛び込んだので、武王は頭を垂れて天に祭った。そして、紂王を討たれた。我が国では、平清盛公が熊野に参詣された時、舟に鱸が飛び込んだのを天に祭り、後に太政大臣の位を極め、天下を治めてその威を振るった。

 たいへんな吉例だと、これを料理して御酒盛りとなった。

 山田から勢田越えして、中山、田上、黒津へ抜ける時、北畠殿の被官の梅津の兄、福寿寺が参上し、山中の春日社の拝殿で御一献があった。

 二十五日、野尻においでになったので、多羅尾がお迎えに参上した。同夜、伊賀の服部の荒木の菩提寺にお着きになった。

 二十六日、夜風が烈しく吹いたので、

古寺のかりねの旅の夜嵐に芭蕉ならねと夢そ破るる
古郷は遠こそなれいとと敷猶夜嵐に夢を吹れて

 同二十九日、伊勢国小倭庄の常光寺に御着きになった。

 後ろは山、前は稲の葉が風になびき、自分の季節が来たという様子で鹿が鳴いていたが、耳に入るのは木樵歌(きこりうた)や牧笛の音、眼に映るのは烟(けむり)のように見える竹林や霧のように見える松の色ばかりで、いずれも都を思い出すなかだちとなった。

 国司(北畠教具)に頼んで御下向したと伝えたので、九月三日、常光寺に参着した。同六日、長谷寺をお発ちになった。国司が参上して、御所を建てることをお申し出になった。


戻る

次へ

インデックスへ戻る